マイケル・グレイニエツの絵本一覧(3件)

おすすめ絵本の情報発信中!

1955年、ポーランド生まれ。ヨーロッパでイラストレーターとして活躍し、1985年アメリカに移住。『お月さまってどんなあじ?』(セーラー出版)で、1996年日本絵本賞翻訳絵本賞を受賞。そのほかの主な作品に『クレリア』『おとぞうさん』(セーラー出版)、『どのあしがさき?』(鈴木出版)、『いちばんたかいのだあれ?』(金の星社)、『フィアボ』『こねこ9ひきぐーぐーぐー』(ポプラ社)などがある。2001年より活動の場を東京に移し、絵本の創作活動を続けている。

著者プロフィールの出典元
お月さまってどんなあじ?

お月さまってどんなあじ?

マイケル・グレイニエツらんか社

お月様ってどんな味がするのだろう?動物達はお月様を見ながらいつも疑問を抱いていました。でも、動物達がどんなに手や足を伸ばしても高いところ...

2歳 3歳 4歳 5歳

続きを読む

にじいろのはな

にじいろのはな

マイケル・グレイニエツポプラ社

「きょうはがんばってゆきをぜんぶとかすぞ」っと張り切ってお日様が原っぱを照らしながら昇ってきます。ところが、原っぱを覗くとびっくり!昨日...

3歳 4歳 5歳

続きを読む

こねこ9ひきぐーぐーぐー

こねこ9ひきぐーぐーぐー

マイケル・グレイニエツポプラ社

楽しく「数」の世界に触れさせてあげたい親子におすすめです。表紙には眠っている白いこねこ。おともだちのこねこと一緒にぐーぐーぐー。

3歳 4歳 5歳

続きを読む