松本 猛まつもと たけし

この著者の絵本一覧

1951年生まれ。美術・絵本評論家、作家、横浜美術大学客員教授、ちひろ美術館常任顧問、美術評論家連盟会員、日本ペンクラブ会員。1977年にちひろ美術館・東京、97年に安曇野ちひろ美術館を設立。同館館長、長野県信濃美術館・東山魁夷館館長、絵本学会会長を歴任。

著書『いわさきちひろ 子どもへの愛に生きて』『母ちひろのぬくもり』(講談社)、『「戦火のなかの子どもたち」物語』(岩崎書店)、『安曇野ちひろ美術館をつくったわけ』(新日本出版社)、『東山魁夷と旅するドイツ・オーストリア』(日経新聞出版社)、絵本に『ふくしまからきた子』『ふくしまからきた子 そつぎょう』(絵・松本春野 岩崎書店)、『白い馬』(絵・東山魁夷 講談社)、『りんご畑の12ヶ月』(絵・中武秀光 講談社)『海底電車』(絵・松森清昭 童心社)など。

著者プロフィールの出典元

現在の並び順:

絵本「ふくしまからきた子 そつぎょう」の表紙

ふくしまからきた子 そつぎょう

松本 猛岩崎書店

ひさしぶりに福島に帰ってきたまや。小学校の卒業式をのぞきにいくと、なつかしい声がした。「ふくしまからきた子」から3年、福島でくらす友だちと...

3歳 4歳 5歳

続きを読む

絵本「ふくしまからきた子」の表紙

ふくしまからきた子

松本 猛岩崎書店

原発事故後に福島から引っ越してきた女の子。公園でだいじゅ君がサッカーに誘いますが、「私、やらない」と断ります。二人の子どもの交流を通じ、...

3歳 4歳 5歳

続きを読む