マリー・ホール・エッツの絵本一覧(5件)

おすすめ絵本の情報発信中!

アメリカ、ウィスコンシン州ノースウッズで、6人兄弟の4番目として生まれる。現在のパーソンズ美術大学で絵を学んだ後、セツルメント活動をしながらシカゴ大学で社会学を専攻した。絵本作家を目指すようになってからはコロンビア大学大学院で児童心理学も学んだ。 1960年『クリスマスまであと九日』(冨山房)でコルデコット賞を受賞。『もりのなか』『わたしとあそんで』(以上、福音館書店)『ねずみのウーくん』(冨山房)『ペニーさんと動物家族』(徳間書店)の4作がコルデコット・オナー賞を受賞した。

著者プロフィールの出典元
どうぶつたちのナンセンス絵本

どうぶつたちのナンセンス絵本

マリー・ホール・エッツアノニマ・スタジオ

ユーモア&アイロニーに笑みがこぼれるどうぶつとわたしたちの世界人気絵本作家マリー・ホール・エッツ未邦訳作品の初翻訳。ぼうしをかぶったカバ...

4歳 5歳 6歳 7歳以上

続きを読む

赤ちゃんのはなし

赤ちゃんのはなし

マリー・ホール・エッツ福音館書店

ドラマチックな赤ちゃん誕生の絵本。愛情をこめた美しい絵と、簡潔な文章で、胎内での赤ちゃんの成長を、そのはじまりのはじまりから、日を追い月...

5歳 6歳 7歳以上

続きを読む

また もりへ

また もりへ

マリー・ホール・エッツ福音館書店

ぼくが森へいくと、動物たちがあつまって、自分の得意なことをして腕くらべをしようとしていました。そこで、ぼくも仲間に加わって……。楽しいファ...

2歳 3歳 4歳

続きを読む

わたしとあそんで

わたしとあそんで

マリー・ホール・エッツ福音館書店

原っぱにやってきた女の子が、ばったや、かえるや、うさぎやしかと遊ぼうと、みんなをつかまえようとします。でも、つかまえようとするとみんな逃...

3歳 4歳 5歳

続きを読む

もりのなか

もりのなか

マリー・ホール・エッツ福音館書店

ラッパをもって森に散歩にでかけた男の子は、ライオン、ゾウ、クマと、いろいろな動物たちに出会います。男の子はラッパをふきながら、みんなと行...

2歳 3歳 4歳

続きを読む