マリア・ホセ・フェラーダ

この著者の絵本一覧

1977年、チリのテムコ生まれ。ジャーナリスト、作家。子ども向けの本を多く手がけ、作品はさまざまな国で出版されている。日本と日本文学が大好きで、スペインのバルセロナ大学アジア太平洋研究科修士課程を修了、源氏物語のスペイン語翻訳に関する論文を執筆した。チリ言語アカデミー賞、オリウエラ市子どものための詩賞など受賞歴多数。チリ軍事政権下で連れ去られ行方不明になった子どもたちへ捧げた本『こどもたち』は、国際児童図書評議会(IBBY)チリ支部の優良作品(作家部門)に選出された。『いっぽんのせんとマヌエル』は、初めての邦訳本である。

著者プロフィールの出典元

現在の並び順:

いっぽんのせんとマヌエル ピクニックのひ

いっぽんのせんとマヌエル ピクニックのひ

マリア・ホセ・フェラーダ偕成社

前作『いっぽんのせんとマヌエル』はチリの絵本。自閉症の男の子、マヌエルと作者が出会ったことで、生まれた絵本です。線が大好きなマヌエルが、...

3歳 4歳 5歳

続きを読む

いっぽんのせんとマヌエル

いっぽんのせんとマヌエル

マリア・ホセ・フェラーダ偕成社

著者が「線」が好きな自閉症の男の子マヌエルくんと知り合ったことによって生まれた絵本。いっぽんの線が基調になって、短い言葉とシンプルでかわ...

3歳 4歳 5歳

続きを読む