町田 尚子まちだ なおこ

この著者の絵本一覧

1968年、東京都生まれ。1991年武蔵野美術大学短期大学部卒業。月刊『新潮45』表紙(2002年1月号~2008年10月号迄)を担当。装画に、 「ペギー・スー」シリーズ(角川書店)、『ドラゴンキーパー』(金の星社)など。絵本に『いるのいないの』『あずきとぎ』(共に、作・京極夏彦 岩崎書店)、『うらしまたろう』(文・山下明生 あかね書房)、『おばけにょうぼう』(文・内田麟太郎 イースト・プレス)、『さくらいろのりゅう』(アリス館)、『だれのものでもない岩鼻の灯台』(作・山下明生 絵本塾出版)など。作品集に『FERRISWHEEL』(project:ARTSANDCRAFTS)がある。

著者プロフィールの出典元
おばけにょうぼう

おばけにょうぼう

内田 麟太郎イースト・プレス

妖怪の男女がお見合いをして結婚、子どもが産まれるまでを描いた『化物婚礼絵巻』(文久3年 松井文庫所蔵)を元に内田麟太郎がお話を作り、町田...

3歳 4歳 5歳

続きを読む

たぬきの花よめ道中

たぬきの花よめ道中

最上 一平岩崎書店

山奥に暮らすたぬきが、大都会に住むたぬきのもとへお嫁入り。人間に化けたたぬきたちは、初めて電車やレストランを経験します。花嫁道中は目を回...

6歳 7歳以上

続きを読む

あずきとぎ

あずきとぎ

京極 夏彦岩崎書店

しょきしょきしょきしょき。へんなおとがするな。「ああ、それはあずきとぎだ。おばけだよ」京極夏彦と町田尚子が届ける絵本史上最高の恐怖。極上...

7歳以上 おとな

続きを読む

さくらいろのりゅう

さくらいろのりゅう

町田 尚子アリス館

いつも、ひとりぼっちのコイシに初めてできた友だちはりゅうでした。ある日、りゅうがコイシに青いうろこをくれたので、コイシは自分のたからもの...

4歳 5歳 6歳 7歳以上

続きを読む

うらしまたろう

うらしまたろう

山下 明生あかね書房

浦島太郎は船で現れた乙姫に誘われて竜宮へ。楽しい日々に、時を忘れていく浦島が、四季をめぐる部屋を目にし……。「古事記」の時代から語りつがれ...

3歳 4歳 5歳

続きを読む

ネコヅメのよる

ネコヅメのよる

町田 尚子WAVE出版

おや?あれ?もしかして・・・・・・。一匹の三毛猫が何かに気付き、落ち着かない様子。猫は何かを待ち侘びて、窓辺から夜空を眺めます。そして、...

3歳 4歳 5歳

続きを読む

いるの いないの

いるの いないの

京極 夏彦岩崎書店

おばあさんは、とても古い日本家屋に一人で暮らしています。そして、ある日から孫である少年と一緒に暮らすことになるのでした。おばあさんの家は...

おとな

続きを読む