国松 俊英くにまつ としひで

この著者の絵本一覧

1940年、滋賀県生まれ。同志社大学卒業。日本児童文学者協会、日本野鳥の会会員。童話や児童小説のほか、野鳥と自然、スポーツ、人物を取材したノンフィクションを書いている。おもな著書に『星野道夫物語』(ポプラ社)『最後のトキ ニッポニア・ニッポン』(金の星社)『宮沢賢治 鳥の世界』(小学館)『カラスの大研究』『わたしはあきらめない』(PHP研究所)などがある。

著者プロフィールの出典元

現在の並び順:

宮沢賢治の鳥

宮沢賢治の鳥

国松 俊英岩崎書店

賢治どんな作品にどんな鳥が登場しているかを、細密画と文章でつづります。賢治の自然への思い、小さな生き物への愛情、野生の生き物と共存したい...

7歳以上 おとな

続きを読む

はしれ さんてつ、きぼうをのせて

はしれ さんてつ、きぼうをのせて

国松 俊英WAVE出版

祝 全線開通!「いまは、前へむかってすすむんだ。列車をはしらせるために、みんなでひとつになろう」東日本大震災で大きな被害を受けた三陸鉄道北...

3歳 4歳 5歳

続きを読む

鳥のくちばし図鑑

鳥のくちばし図鑑

国松 俊英岩崎書店

細密イラストで79種類の鳥のくちばしの形、はたらき、使い方を紹介しています。前足をつばさに変えた鳥類にとって、くちばしの役割は、食べること...

6歳 7歳以上

続きを読む

鳥の観察図鑑

鳥の観察図鑑

国松 俊英岩崎書店

どこで何を食べているのかでかわっている,鳥のくちばしや足の形。採餌する身近な鳥を詳細に観察した、新しいタイプの絵本図鑑。

6歳 7歳以上

続きを読む