香山 美子こうやま よしこの絵本一覧(2件)

おすすめ絵本の情報発信中!

東京生まれ。旧制金城女子専門学校(現:金城学院大学)国文学科卒。在学中新聞の懸賞童話に応募して入選。日本児童文学者協会の設立当初より会員。同人誌「麦」を創刊。1963年小説『あり子の記』(理論社)により、第1回NHK児童文学奨励賞、第3回日本児童文学者協会賞受賞。これはのちに日活にて映画化。一方1958年頃から、ラジオ・テレビの『おねえさんといっしょ』・『おかあさんといっしょ』など、幼児番組台本を手がけ、また童謡を作詞。1975年には「げんこつやまのたぬきさん」により、ゴールデン・ディスク賞受賞。その後少年小説・童話、童謡の作詞、詩、絵本を創作。現在に至る。絵本作家・詩人。日本児童文学者協会評議委員など。

著者プロフィールの出典元
おつきさまのとおるみち

おつきさまのとおるみち

香山 美子教育画劇

お月さまを主人公にした、優しい気持ちがたくさん詰まった素晴らしい絵本です。ある夜、森の中を走るきつねの兄弟を見つけたお月さまは、きつねが...

3歳 4歳 5歳 6歳

続きを読む

どうぞのいす

どうぞのいす

香山 美子ひさかたチャイルド

うさぎさんは小さな椅子を作ると、「どうぞのいす」と書いた立て札と一緒に大きな木の下にその椅子を置くことにしました。その椅子のもとに最初に...

3歳 4歳 5歳 秋

続きを読む