近藤 薫美子こんどう くみこ

この著者の絵本一覧

大阪府生まれ、滋賀県在住。京都成安女子短期大学意匠科卒業。製菓会社企画室を経てフリーになる。主な作品に、『かまきりっこ』、『つちらんど』、『のにっき─野日記─』、『はらっぱハウス』、『すくすくのはら』、『おんぶかあちゃん』(以上、アリス館)、『にんきものずかん』、『にんきものアルバム』、『ねらってる ねらってる』、『くぬぎの木いっぽん』(以上、BL出版)、『のはらまつり』(童心社)、『まってるまってる』、『むしサッカー はらっぱカップ』(教育画劇)がある。日本児童出版美術家連盟会員。

著者プロフィールの出典元

現在の並び順:

絵本「ぴょんぴょんむし」の表紙

ぴょんぴょんむし

谷本 雄治岩崎書店

テントウムシが雑木林をあるいていると、しゃりしゃりしゃり不思議な音が聞こえます。どうやらこずえの先の葉っぱの中になにかがいるようです。テ...

6歳 7歳以上

続きを読む

はじめまして

はじめまして

近藤 薫美子偕成社

一本の桜の木をめぐるさまざまな「はじめまして」を、豊かに、たからかにかきあげたおおらかな絵本です。

4歳 5歳 6歳 春

続きを読む

もりへぞろぞろ

もりへぞろぞろ

村田 喜代子偕成社

仲間を助けるため、動物たちは「病気が治る」といわれる森へ向かいます。怖さとともにおおらかな大地の恵みが感じられる絵本。

3歳 4歳 5歳

続きを読む

絵本「いない いない いるよ」の表紙

いない いない いるよ

近藤 薫美子アリス館

なんにもいない? と思ってページをめくると……。色や形をまねっこして、虫たちがかくれんぼしているよ。さがしてごらん!

4歳 5歳 6歳

続きを読む

絵本「どん・ぐりぞうのおはなし【なんでもやのまき】」の表紙

どん・ぐりぞうのおはなし【なんでもやのまき】

近藤 薫美子アリス館

ゾウムシのぐりぞうが、「なんでもや」を始めました。虫たちのどんな依頼も引き受けますが……。ユーモラスな虫たちの愉快な物語。

3歳 4歳 5歳

続きを読む

絵本「おんぶかあちゃん」の表紙

おんぶかあちゃん

近藤 薫美子アリス館

おんぶして子育てするコモリグモの姿をユーモラスに綴った育児日記絵本。六十三匹の子グモへの母親の深い愛情が伝わります。

5歳 6歳 7歳以上

続きを読む

絵本「すくすくのはら」の表紙

すくすくのはら

近藤 薫美子アリス館

卵から成虫へと育ちつつ、次第に世界を広げてゆく生き物たちの様子を活写。成長の喜びが伝わってくる絵本です。

5歳 6歳 7歳以上

続きを読む

絵本「はらっぱハウス」の表紙

はらっぱハウス

近藤 薫美子アリス館

野原にも、水の中にも、枯れ葉の下にも……虫たちの素敵なおうちを発見! ミニページを使って、巣の形態や虫の生活を紹介します。

5歳 6歳 7歳以上

続きを読む

絵本「たねいっぱい わらったね」の表紙

たねいっぱい わらったね

近藤 薫美子アリス館

はじける種。風にのって運ばれる種。水に浮いて流れる種。様々な方法で散らばり芽生えの機会を待つ種たちを遊び心たっぷりに紹介。

5歳 6歳 7歳以上

続きを読む

絵本「のにっき【―野日記―】」の表紙

のにっき【―野日記―】

近藤 薫美子アリス館

ある日、野で果てた、一匹のいたち。その「死」を正面からみつめ、めぐる命を記録しつづけた、衝撃の話題作。

5歳 6歳 7歳以上

続きを読む

絵本「つちらんど」の表紙

つちらんど

近藤 薫美子アリス館

真っ暗で静かなところだと思っていた土の中が、こんなに楽しい世界だったなんて! ダニ・トビムシたちの大活躍を描きます。

5歳 6歳 7歳以上

続きを読む

絵本「かまきりっこ」の表紙

かまきりっこ

近藤 薫美子アリス館

一つの卵のうからある日あふれでた生命たち、かまきりっこ。弱肉強食の自然界に生きる彼らの姿を通して、生命の大きな流れを伝える。

5歳 6歳 7歳以上

続きを読む