木坂 涼きさか りょうの絵本一覧(20件)

おすすめ絵本の情報発信中!

1958年、埼玉県生まれ。詩人・エッセイスト・絵本作家・翻訳家として活躍。詩集『ツッツッと』で現代詩花椿賞受賞。『金色の網』で芸術選奨文部大臣新人賞を受賞。その他の著書に、詩集『五つのエラーをさがせ!』(大日本図書)、絵本『みんなおっぱいのんでたよ』(福音館書店)、翻訳絵本『ピッツァぼうや』(セーラー出版)『ゆきのともだち』(理論社)『ヨセフのだいじなコート』(フレーベル館)ほか多数。

著者プロフィールの出典元
ちょうちょのために ドアをあけよう

ちょうちょのために ドアをあけよう

ルース・クラウス岩波書店

小さな子どもが、小さな読者にむけて「こんなときはこうするといいよ」「こんなときはこう言うといいよ」とアドバイスをしてくれる、ゆかいなくら...

4歳 5歳 6歳 7歳以上

続きを読む

かわにくまがおっこちた

かわにくまがおっこちた

リチャード・T・モリス岩崎書店

むかしむかし、とゆっくり始まり、どんどん加速していく、読むジェットコースター!スリルと面白さの裏には、今を生きるうえで大切なメッセージが...

3歳 4歳 5歳

続きを読む

きみが うちに くるまえ・・・

きみが うちに くるまえ・・・

マリベス・ボルツ岩崎書店

男の子の家にもらわれた子犬は、ひとりぼっちでさまよっていた保護された子犬。どんなつらい生活をしていたのか、ひとりになる前はどんな人に飼わ...

3歳 4歳 5歳

続きを読む

わたし、まだ ねむたくないの!

わたし、まだ ねむたくないの!

スージー・ムーア岩崎書店

もう寝る時間ですが、女の子はこう言います。「わたし ねむってるばあいじゃないの!」お母さんに見守られながら、子どものひとり遊びの世界が広...

3歳 4歳 5歳

続きを読む

こねこのごちそう

こねこのごちそう

リンダ・ジェニングスあすなろ書房

魚のにおいにつられた子猫が高い棚の上めざして大奮闘……表情豊かな絵と、小さな子も口ずさめるリズミカルな文章が楽しい絵本。

3歳 4歳 5歳 6歳 7歳以上

続きを読む

ヨルは生きている

ヨルは生きている

C・ホイットマンあすなろ書房

夜は動物の姿となって、世界中の子どもたちにやすらかな眠りを届けます。おやすみ前の読み聞かせにぴったりののどかな絵本。

3歳 4歳 5歳 6歳 7歳以上

続きを読む

きみがうちにくるまえ・・・

きみがうちにくるまえ・・・

マリベス・ボルツあすなろ書房

君がうちにくる前、君には友だちがいたの?その子はクッキーをわけてくれた?保護された子犬と少年の心あたたまる絵本。

6歳 7歳以上

続きを読む

よるのえほん

よるのえほん

バーバラ・エンバリーあすなろ書房

夜にはいろんな顔がある。夜しか見えないものもある。夜ならではのお楽しみ。一日のおわりに読み聞かせを。アメリカで読み継がれるベッドタイムブ...

3歳 4歳 5歳

続きを読む

パリのエマ

パリのエマ

クレール・フロッサール福音館書店

ニューヨークからパリにやってきたすずめのエマ。いとこのアメリにあうために街をとびまわるエマは、ひょんなことから、しんせつな猫のエドワール...

5歳 6歳 7歳以上

続きを読む

かげは どこ

かげは どこ

木坂 涼福音館書店

ぼくとかげは、いつもいっしょ。ぼくが走れば、かげも走る。でも、かげはときどき不思議なんだよ。ぐーんとのびたり、かっくんとおれたり。ふっと...

3歳 4歳 5歳

続きを読む

エマのたび

エマのたび

クレール・フロッサール福音館書店

ニューヨークの大きな公園、セントラルパークに住む、すずめのエマのお話。なかよしのあひるのダッキーがひっこしたあと、エマは近所に住むボブお...

5歳 6歳 7歳以上

続きを読む

ネコのナペレオン・ファミリー

ネコのナペレオン・ファミリー

木坂 涼福音館書店

ネコのナペレオン氏と、奥さんのアンコアネットさんの間に、3匹の子ネコがうまれました。いたずら盛りの3匹は、毎日家じゅう散らかし放題。そこ...

5歳 6歳 7歳以上

続きを読む