木下 晋きのした すすむ

この著者の絵本一覧

1947年、富山県生まれ。
中学時代に富山大学の研修会に参加し、彫刻と絵画を学ぶ。 16歳の時《起つ》が第27回自由美術協展に富山県内最年少で入選し脚光を浴びる。
1981年から鉛筆を用いた作品を制作。以後、瞽女(ごぜ)・小林ハル、谷崎潤一郎『痴人の愛』のモデル・和嶋せい、元ハンセン病患者の詩人・桜井哲夫などをモデルに作品を発表。 10Hから10Bまで22段階の鉛筆を駆使した鉛筆画が高く評価され、国内外で個展・展覧会出品多数。
著書に画文集『木下晋画文集 祈りの心』、『ペンシルワーク 生の深い淵から』、絵本『ハルばぁちゃんの手』、『はじめての旅』。 現在、武蔵野美術大学客員教授。

著者プロフィールの出典元

現在の並び順:

はじめての旅

はじめての旅

木下 晋福音館書店

6歳の男の子がある日、お母さんから「いっしょに出かけようか」といわれた。どこへいくかもわからず、お母さんと手をつないで家を出た。汽車に乗る...

5歳 6歳 7歳以上

続きを読む

ハルばあちゃんの手

ハルばあちゃんの手

山中 恒福音館書店

ハルは海辺の小さな村に生まれた。「おや、ほくろのあるいい手じゃ。きっとこの子は器用だし、幸せになるよ」とハルの手をみて、みんながいった……...

5歳 6歳 7歳以上

続きを読む