菊池 日出夫きくち ひでお

この著者の絵本一覧

1949年、長野県に生まれる。
東京デザインカレッヂに入学するが、同校が半年後に廃校になったため、以後、独学で絵を描き続けている。
現在、秩父山系の麓で農業や自然に親しみながら、絵本の創作活動をしている。
絵本に『さんねんごい』(福音館書店)、『ヤマセミのうた』(童心社)、『やまばと』(のらっこ社)などがある。

著者プロフィールの出典元

現在の並び順:

絵本「たぬきのおやき」の表紙

たぬきのおやき

井出 幸子福音館書店

新緑の春に、たぬきの家では森の友だちを呼んでパーティーを開くことになりました。今年も大好きなおやきをつくることを決めて、「おやきの中には...

4歳 5歳 6歳 春

続きを読む

絵本「むかし 日本狼がいた」の表紙

むかし 日本狼がいた

菊池 日出夫福音館書店

「この辺りにも狼がいたずら」この絵本は、江戸時代を舞台にニホンオオカミの生態や人間との関わりなどを描いています。絶滅して100年余り経ったニ...

5歳 6歳 7歳以上

続きを読む

絵本「江戸っ子さんきちと子トキ」の表紙

江戸っ子さんきちと子トキ

菊池 日出夫福音館書店

舞台は江戸の町。寺子屋に通う少年さんきちが、巣から落ちてけがをしたトキのヒナをひろってきます。そのヒナを、寺子屋の先生のところで世話をし...

5歳 6歳 7歳以上

続きを読む

絵本「こだぬきのおんがえし」の表紙

こだぬきのおんがえし

長谷川 摂子岩波書店

いじめられているところを馬方に助けられたこだぬきは、父さんたぬきに「ただ帰ってくるやつがあるか」としかられる。なんとかしてお礼をしようと...

3歳 4歳 5歳 6歳

続きを読む