かじ ひでやす

この著者の絵本一覧

現在の並び順:

絵本「あかずきん」の表紙

あかずきん

しぶき けんたろういずみ書房

「まぁ、おばあさんは、大きなお口だこと」。おばあさんに変装したおおかみは、赤ずきんをだまして食べてしまいます。そこに……。

3歳 4歳 5歳

続きを読む

絵本「しあわせのおうじ」の表紙

しあわせのおうじ

オスカー・ワイルドいずみ書房

美しい王子の像は、町の人の誇りでした。心優しいツバメが、王子の願いにこたえて、像の金ぱくや宝石を貧しい人たちに配ります。

3歳 4歳 5歳

続きを読む

絵本「かぐやひめ」の表紙

かぐやひめ

あき せいじいずみ書房

十五夜のばん、おじいさんとおばあさんは、美しいかぐや姫とお別れしなくてはなりません。やがて月からおむかえの車がやってきます。

3歳 4歳 5歳

続きを読む

絵本「したきりすずめ」の表紙

したきりすずめ

しらかわ ちづこいずみ書房

おじいさんは、舌を切られた小すずめをさがしに森の奥に。雀のお宿を、やっとさがしあて、おみやげのつづらを開けると……。

3歳 4歳 5歳

続きを読む

絵本「あかいくつ」の表紙

あかいくつ

アンデルセンいずみ書房

教会にはいていってはいけない赤い靴をはいたために、少女カーレンは、いつまでも踊りつづけなくてはなりませんでした。

3歳 4歳 5歳

続きを読む

絵本「はなさかじいさん」の表紙

はなさかじじい

あき せいじいずみ書房

可愛がっていた犬のシロをとなりのおじいさんが殺してしまいました。手厚くほうむったおじいさんに、不思議なことがおこります。

3歳 4歳 5歳

続きを読む

絵本「ゆきおんな」の表紙

ゆきおんな

あき せいじいずみ書房

木こりの親子の茂作さんとみの吉さんは、いつも二人で山へ出かけ、木を切っていました。ある冬のこと、いつものように山へ出かけた二人は、吹雪で...

3歳 4歳 5歳 冬

続きを読む

絵本「マッチうりのしょうじょ」の表紙

マッチうりのしょうじょ

アンデルセンいずみ書房

おおみそかの夜、雪にうずもれて死んでいく少女ー。でも少女は、清らかな夢を見ながら、幸せに満ちあふれて昇天していったのです。

3歳 4歳 5歳 冬

続きを読む

絵本「かちかちやま」の表紙

かちかちやま

あき せいじいずみ書房

おばあさんのかたきを討とうと、ウサギはいろいろな策略をタヌキにしかけます。でもタヌキは、なかなかひっかかりません。

3歳 4歳 5歳

続きを読む