ジョエル・ジョリヴェ

この著者の絵本一覧

パリ郊外生まれ。絵本作家、イラストレーター。リノカット版画の手法で多くの作品を創作し、読者をひきつけるユーモラスな画風で、数多くの絵本を出版。その他、書籍の装画、CMなど、さまざまな分野で国際的に活躍している。日本で翻訳されている著書に『ぬりえの時間』(グラフィック社)『365まいにちペンギン』(ブロンズ新社)など。

著者プロフィールの出典元

現在の並び順:

絵本「本のなかには」の表紙

本のなかには

ファニー・マルソーアノニマ・スタジオ

フランスから届いた、赤ちゃん、幼児、日常の不思議に喜びを感じるすべての人々に贈る、画集のような絵本です。リノカット技法で表現されたイラス...

あかちゃん 2歳 3歳

続きを読む

10ぴきのペンギンくん

10ぴきのペンギンくん

ジャン=リュック・フロマンタル学研

10ぴきのペンギン。遊ぶたびに1ぴきずついなくなって…。最後に残されたペンギンはどうする?仲間たちはどこへ?ダイナミックな仕掛けとユーモア...

3歳 4歳 5歳

続きを読む