石川 えりこいしかわ えりこ

この著者の絵本一覧

1955年福岡県生まれ。神奈川県横浜市在住。デザイナーを経て、フリーのイラストレーター・絵本作家となる。『ボタ山であそんだころ』(福音館書店)で第46回講談社出版文化賞絵本賞、および台湾で2017年Openbook最佳童書を受賞。おもな著書に、『あひる』、『てんきのいい日はつくしとり』『ことしのセーター』『しんやくんのマラカス』、『流木のいえ』、『かんけり』。挿絵に『またおこられてん』など多数。

著者プロフィールの出典元

現在の並び順:

絵本「おれ、よびだしになる」の表紙

おれ、よびだしになる

中川 ひろたかアリス館

ぼくはちいさいころから相撲がすきで、いつもテレビで相撲を見てた。一番好きなのは、「おすもうさん」ではなく「よびだし」さん。誕生日に連れて...

4歳 5歳 6歳

続きを読む

絵本「かんけり」の表紙

かんけり

石川 えりこアリス館

ちえちゃんは、ひっこみじあんな女の子。友達とかんけりをすることになるが、どんどんつかまっていき、最後は自分ひとりになる。背中をおしてくれ...

4歳 5歳 6歳

続きを読む

絵本「てんきのいい日はつくしとり」の表紙

てんきのいい日はつくしとり

石川 えりこ福音館書店

初めてのつくしとりの日、元気いっぱいに家を出発したちえちゃん。けれども、お兄ちゃん、お姉ちゃんが、次々に大きなつくしを発見していくのを見...

4歳 5歳 6歳 7歳以上

続きを読む

絵本「ボタ山であそんだころ」の表紙

ボタ山であそんだころ

石川 えりこ福音館書店

炭坑の町に生まれた「わたし」の暮らしのなかには、石炭がたくさんありました。小学3年生になって、はじめての友達が隣席のけいこちゃんでした。二...

5歳 6歳 7歳以上

続きを読む