イロン・ヴィークランド

この著者の絵本一覧

1930年、エストニアのハープサルで子供時代を過ごす。44年、戦争から逃れるためスウェーデンへ亡命。複数の学校で広告や美術を学ぶ。54年、児童文学作家アストリッド・リンドグレーンの『ミオよ わたしのミオ』に挿絵を付け、イラストレーターとして本格的に出発。

以後、40年に渡ってリンドグレーンの信頼を得て、『やかまし村の子どもたち』『やねの上のカールソン』『はるかな国の兄弟』『山賊のむすめローニャ』各シリーズ、『赤い目のドラゴン』など多くの作品でコンビを組む。69年、エルザ・ベスコフ賞を受賞。

著者プロフィールの出典元
ぼくねむくないよ

ぼくねむくないよ

アストリッド・リンドグレーン岩波書店

「ぼく、ねむくないよ!」と言って毎晩さわぐラッセに、ロッテンおばあさんが魔法のめがねを貸してくれました。あらふしぎ、うさぎやりすの子ども...

4歳 5歳 6歳 7歳以上

続きを読む

ロッタのひみつのおくりもの

ロッタのひみつのおくりもの

アストリッド・リンドグレーン岩波書店

イースターの時期になりました。魔女に変装したり、ウサギからのプレゼントをさがしたり、ロッタはたのしいことをいろいろ期待して胸をおどらせて...

4歳 5歳 6歳 7歳以上

続きを読む

ゆうれいフェルピンの話

ゆうれいフェルピンの話

アストリッド・リンドグレーン岩波書店

おばあちゃんの家にあそびに行ったわたしとおにいちゃんは、100年も昔のゆうれいフェルピンのとてもこわい話をききます。ところがその帰り道の森の...

4歳 5歳 6歳 7歳以上

続きを読む

赤い目のドラゴン

赤い目のドラゴン

アストリッド・リンドグレーン岩波書店

ある日、ブタ小屋のかたすみで子ブタといっしょにドラゴンの赤ちゃんが生まれました。子どもたちは大よろこび。ちょっとかわりもののユーモラスな...

3歳 4歳 5歳 6歳 7歳以上

続きを読む