堀内 誠一ほりうち せいいちの絵本一覧(24件)

おすすめ絵本の情報発信中!

1932年東京向島生まれ。父の図案業を継ぎ、48年伊勢丹宣伝部入社。55年アドセンター創立に参加、広告とエディトリアルデザインを担当。58年最初の絵本『くろうまブランキー』刊行。以後100冊以上の子供向けの絵本作家、挿絵画家としても活躍。59年より平凡出版(現マガジンハウス)の『週刊平凡・ウィークリーファッション』のアートディレクションを担当。以来『anan』、『POPEYE』、『BRUTUS』の発刊に参加しAD、ロゴデザインを手がける。71年『anan』のアートディレクションに対しADC賞受賞。74年より7年間家族とともにパリに在住。87年8月没。

著者プロフィールの出典元
しゅっぱつしんこう

しゅっぱつしんこう

渡辺 茂男あかね書房

市電を「こどもとしょかん」に改造する、実話に基づく幼年童話『ふたごのでんしゃ』の続編。「こどもとしょかん」に続けと、子どもたちに本を届け...

6歳 7歳以上

続きを読む

ふたごのでんしゃ

ふたごのでんしゃ

渡辺 茂男あかね書房

電車の「べんけい」と「うしわか」は、ふたごの電車。いつも元気に出発進行! ところが電車通りを自動車が走るようになって…。

5歳 6歳 7歳以上

続きを読む

ふらいぱんじいさん

ふらいぱんじいさん

神沢 利子あかね書房

旅に出たフライパンのおじいさん。嵐にあったり、ジャングルでヒョウにであったり、冒険がいっぱい。

5歳 6歳 7歳以上

続きを読む

めのはなし

めのはなし

堀内 誠一福音館書店

ふだんなにげなく使っている目。その目の働きを楽しく、ユーモアいっぱいに描きます。ものを見るためには光が必要です。ものが見えるのは、眼球の...

4歳 5歳 6歳

続きを読む

どうくつをたんけんする

どうくつをたんけんする

堀内 誠一福音館書店

どうくつの中は真っ暗闇で、石と水ばかりの世界だと思っていませんか。でもそこに一歩入れば、夢の御殿とよびたくなるような美しさです。途方もな...

7歳以上

続きを読む

こんにちは また おてがみです

こんにちは また おてがみです

中川 李枝子福音館書店

『こんにちはおてがみです』は月刊「こどものとも」創刊50周年を記念して刊行されました。本作はその第2弾、創刊700号(2014年7月号)の記念出版で...

3歳 4歳 5歳

続きを読む

くまとりすの おやつ

くまとりすの おやつ

きしだ えりこ福音館書店

「きいちごぽちんぽちんなってるかなってるよすっぱいかあまいだろ」 木いちごがいっぱいなりました。見つけたのは、くまとりす。二ひきは急いで出...

2歳 3歳 4歳

続きを読む

こんにちは おてがみです

こんにちは おてがみです

中川 李枝子福音館書店

「こどものとも」50周年の記念出版。「ぐりとぐら」「だるまちゃん」「やなぎむらのむしたち」「あさえ」「たろう」「おおかみ」(『やっぱりお...

3歳 4歳 5歳

続きを読む

パンのかけらとちいさなあくま

パンのかけらとちいさなあくま

内田 莉莎子福音館書店

小さな悪魔は、貧乏なきこりからパンのかけらを盗んで得意になっていましたが、大きな悪魔たちにたしなめられ、おわびに、きこりが借りた役に立た...

4歳 5歳 6歳

続きを読む

ほね

ほね

堀内 誠一福音館書店

魚を食べると骨が残る。でもタコには骨がない。もし、あなたのからだに骨がなかったら、あれれ、立つこともできない。骨の働きを力強い絵と文で描...

4歳 5歳 6歳

続きを読む

ちのはなし

ちのはなし

堀内 誠一福音館書店

懐中電灯でほっぺたを照らすと赤く見えるのは、なぜだろうか。やさしい実験をおりまぜながら、血の働きをわかりやすく描き、血と生命の大切さを伝...

4歳 5歳 6歳 7歳以上

続きを読む

いっぽんの鉛筆のむこうに

いっぽんの鉛筆のむこうに

谷川 俊太郎福音館書店

子どもたちに身近な鉛筆。その鉛筆ができる過程と、その過程にたずさわるスリランカ、アメリカ、メキシコ、日本など、各国の人びとの労働と生活、...

7歳以上

続きを読む