本田 哲也ほんだ てつや

この著者の絵本一覧

1951年、北海道生まれ。画家、絵本作家。北海道教育大卒。幼い頃から自然や動物たちの世界に魅せられて絵を描き続け、オランダ等で絵の勉強を重ねる。その作品からは、大自然の豊かさや偉大さ、環境問題などを学ぶことができる。主な作品に『どさんこうまのふゆ』[91年、処女作]『どさんこうまのはる』(ベネッセ)、『エトピリカの海』『こぐまの森』『海をわたるしかたち』(偕成社)、『ピウカ湿原のゆきうさぎ』(河出書房新社)、『トカプチのめぐみ―森から海へ(とかち環境絵本)』(十勝毎日新聞社・山と渓谷社)、『鹿の谷のウタラとイララ(こみね創作児童文学)』(小峰書店)、『カムイの森』『しあわせ ひとつ』(森の出版社)、『おかあさんになったノラ』(芸文社)、『サンピラー お母さんとの約束』(石風社)等。

現在の並び順:

こぐまの森

こぐまの森

本田 ちえこ偕成社

人間に捕らえられ罠から逃げ出したこぐまは、別の親子ぐまと出会いともに暮らす。1匹のヒグマを通して自然の大切さを描く。

3歳 4歳 5歳

続きを読む

エトピリカの海

エトピリカの海

本田 哲也偕成社

北の海にすみ、アイヌ語で「美しいくちばし」を意味する海鳥エトピリカ。絶滅寸前のエトピリカの繁栄に願いをこめて描いた絵本。

3歳 4歳 5歳

続きを読む