広松 由希子ひろまつ ゆきこ

この著者の絵本一覧

編集者、赤ちゃん文庫主宰、ちひろ美術館学芸部長などを経て、現在フリーランスで、絵本の文、評論、翻訳、展示、講座や絵本コンペ審査員などで活躍中。2012-15年ブックスタート選考委員。2010年ボローニャ展、2013年、2015年BIB国際審査員。著作に絵本『おかえりたまご』(アリス館)、『おめでとう』(講談社)、「いまむかしえほん」シリーズ(全11冊 岩崎書店)や2001~2012年の絵本案内『きょうの絵本 あしたの絵本』、訳書に『はしれ、トト!』(日本絵本賞翻訳絵本賞、いずれも文化出版局)など。

著者プロフィールの出典元

現在の並び順:

いっすんぼうし

いっすんぼうし

広松 由希子岩崎書店

おじいさんとおばあさんが授かった小さい男の子「いっすんぼうし」。針の刀に、お椀の船、箸の櫂で都へと旅立ち殿様の家来になって、おひめさまを...

3歳 4歳 5歳

続きを読む

ききみみずきん

ききみみずきん

広松 由希子岩崎書店

子ぎつねの命を救った男は、動物の言葉がわかるずきんをもらいました。からすの話から、東の村で長者が病気になっている理由を知った男は、八卦見...

3歳 4歳 5歳

続きを読む

わかがえりの水

わかがえりの水

広松 由希子岩崎書店

山で不思議なわき水を飲んだおじいさんは若返って家に帰ってきました。おばあさんはうらやましがって、自分も山へでかけました。わき水を見つける...

3歳 4歳 5歳

続きを読む

さるかに

さるかに

広松 由希子岩崎書店

お母さんのかにが、さるに柿の実をぶつけられて死んでしまいました。子がに達が敵討ちにでかけると、くり、針、牛のふん、うす達が助けてくれるこ...

3歳 4歳 5歳

続きを読む

みるなのへや

みるなのへや

広松 由希子岩崎書店

旅の男が山道に迷ってたどりついた館には1人の女がいて、男を泊めてくれました。翌朝、女は奥の部屋を決して見ないようにと言い残して、出かけて...

3歳 4歳 5歳

続きを読む

うらしまたろう

うらしまたろう

広松 由希子岩崎書店

うらしまたろうは母親と2人で魚を釣って暮らしていましたが、ある日、かめひめに竜宮へ迎えられました。竜宮から帰るたろうに、かめひめは玉手箱...

3歳 4歳 5歳

続きを読む

したきりすずめ

したきりすずめ

広松 由希子岩崎書店

おじいさんがかわいがっていた雀の子を、おばあさんがうそをついたと怒って舌を切ってしまいました。おじいさんは飛んでいった雀をさがして、すず...

3歳 4歳 5歳

続きを読む

かちかち山

かちかち山

広松 由希子岩崎書店

おじいさんが畑でまめまきをしていると、わるいたぬきがじゃまをします。そこで、たぬきを捕まえて家にかついで帰りましたが…。動物と人間の生き生...

3歳 4歳 5歳

続きを読む

花さかじい

花さかじい

広松 由希子岩崎書店

おばあさんが川でひろった真っ赤な柿が真っ白な子犬にかわりました。子犬を大事に育てると大きくなって、おじいさんを山へ案内し「ここほれ、わん...

3歳 4歳 5歳

続きを読む

かさじぞう

かさじぞう

広松 由希子岩崎書店

おじいさんが大晦日に笠を売りに町へでかけました。売れずに戻る山道にお地蔵様が雪をかぶって立っていて・・・。おじいさん、おばあさんの優しさ...

3歳 4歳 5歳 冬

続きを読む

ももたろう

ももたろう

広松 由希子岩崎書店

桃から生まれたももたろうは、大きくなって力持ちの少年になりました。ももたろうは鬼が島へ鬼退治に行くと言い、きびだんごをもって、犬、さる、...

3歳 4歳 5歳

続きを読む