浜田 廣介はまだ ひろすけ

この著者の絵本一覧

1893年山形県生まれ。早稲田大学在学中より、児童文芸雑誌『良友』などに作品を発表。1923年より作家活動に専念。『泣いた赤おに』『椋鳥の夢』『りゅうの目のなみだ』など約1000篇に及ぶ童話は「ひろすけ童話」と親しまれる。1973年80歳で他界。

現在の並び順:

絵本「泣いた赤おに」の表紙

泣いた赤おに

浜田 広介あすなろ書房

教科書にも載っているあの不朽の名作が、新しい絵本に! みんなとなかよくなりたくて、おいしいお茶とお菓子を用意して待っていた赤鬼。だけど、や...

6歳 7歳以上

続きを読む

絵本「泣いた赤鬼」の表紙

泣いた赤鬼

浜田 廣介小学館

ある山の崖に家が一軒建っていました。その家に住むのは若い赤鬼。他の鬼達とは違って、とても優しい赤鬼でした。「わたしは、鬼に生まれてきたが...

6歳 7歳以上 大人

続きを読む

泣いた赤おに

泣いた赤おに

浜田 廣介偕成社

人間と仲良く暮らしたい、と願う赤おにを助けてくれたのは青おにでした。まごころの大切さを感動的に描いた名作の愛蔵傑作版。

5歳 6歳 7歳以上

続きを読む

ないたあかおに

ないたあかおに

浜田 廣介偕成社

村人となかよくしたい赤おにと、そのねがいをかなえてやろうと、自分が悪者になる青おに。おに同士の友情を感動的に描きます。

4歳 5歳 6歳

続きを読む

りゅうのめのなみだ

りゅうのめのなみだ

いわさき ちひろ偕成社

ふしぎな少年の勇気と友情が人びとに恐れられていた竜の心をなごませます。気品ある絵が、愛と善意の世界の奥ゆきを深めます。

4歳 5歳 6歳

続きを読む