蜂飼 耳はちかい みみ

この著者の絵本一覧

1974年、神奈川県に生まれる。早稲田大学大学院文学研究科修士課程修了。著書に詩集『いまにもうるおっていく陣地』(第5回中原中也賞)『食うものは食われる夜』(第56回芸術選奨新人賞)、エッセイ集『孔雀の羽の目がみてる』『空を引き寄せる石』、絵本『ひとり暮らしののぞみさん』『エスカルゴの夜明け』などがある。

著者プロフィールの出典元

現在の並び順:

アリとキリギリス

アリとキリギリス

蜂飼 耳岩崎書店

アリがたべものをはこんでいると、キリギリスがやってきてからかいました。アリはたべものをたくわえるために、しごとをつづけます。やがて秋がき...

3歳 4歳 5歳

続きを読む

キツネとぶどう

キツネとぶどう

蜂飼 耳岩崎書店

おなかをすかせたキツネが木にぶらさがったぶどうを見つけました。飛び上がってぶどうを取ろうとしますが、とどきません。助走をつけたりあれこれ...

3歳 4歳 5歳

続きを読む

きんのおの

きんのおの

蜂飼 耳岩崎書店

泉の近くで仕事をしていたきこりが、うっかり手をすべらせました。持っていた斧が泉のなかにどぼん! ため息をついていると、泉のなかから美しい...

3歳 4歳 5歳

続きを読む

アリとハト

アリとハト

蜂飼 耳岩崎書店

アリが池で水を飲もうとしたら、足をすべらせて落ちてしまいました。「たすけて!」近くにいたハトが、葉っぱを1枚落とします。アリは葉っぱにつか...

3歳 4歳 5歳

続きを読む

ずるいコウモリ

ずるいコウモリ

蜂飼 耳岩崎書店

獣の一族と鳥の一族が争っていました。それを見ていたコウモリは、鳥たちが強いときはコウモリは鳥たちの味方をし、獣たちが強いときは獣たちの味...

3歳 4歳 5歳

続きを読む

ゆきがふる

ゆきがふる

蜂飼 耳ブロンズ新社

うさぎの男の子が、雪の日だけに現れる「ふわふわころり」と「ゆきぐも」に会い、お願い事をするお話しです。この絵本は子どもだけではなく、大人...

3歳 4歳 5歳 6歳 7歳以上 おとな 冬

続きを読む

くらやみ こわいよ

くらやみ こわいよ

レモニー・スニケット岩崎書店

ラズロは、くらやみが こわい。くらやみは あるひ、「みせたいものが あるんだ」と、ラズロによびかけてきた。ラズロは こえに みちびかれ、...

3歳 4歳 5歳

続きを読む

うきわねこ

うきわねこ

蜂飼 耳ブロンズ新社

日曜日のお昼、えびおの家に宅配便がやってきました。差出人はえびおのおじいちゃん。誕生日のプレゼントにと、おじいちゃんから送られてきたのは...

5歳 6歳 7歳以上 おとな 夏

続きを読む

きたかぜとたいよう

きたかぜとたいよう

蜂飼 耳岩崎書店

空の上で太陽と北風が遊んでいましたが、どちらが強いかと言い争いを始めてしまいます。そして、力比べをすることになりました。力比べの方法はと...

3歳 4歳 5歳 6歳

続きを読む

ウサギとカメ

ウサギとカメ

蜂飼 耳岩崎書店

ウサギとカメが競走することになりました。ウサギはぴょんぴょこ、カメはのろーりのろーり。あっというまに差がつくと、ウサギは途中で寝てしまい...

3歳 4歳 5歳

続きを読む

いなかのネズミとまちのネズミ

いなかのネズミとまちのネズミ

蜂飼 耳岩崎書店

いなかのネズミが、まちのネズミを招待しました。木の実をごちそうしましたが反応はいまひとつ。後日、こんどはまちのネズミに招待されて、まちの...

3歳 4歳 5歳

続きを読む

ライオンとネズミ

ライオンとネズミ

蜂飼 耳岩崎書店

うっかりもののネズミの命をライオンがたすけてあげました。それからしばらくしたある日、ライオンが人間につかまってしまいます。すると、あのネ...

3歳 4歳 5歳

続きを読む