深沢 紅子ふかざわ こうこ

この著者の絵本一覧

明治36年(1903)四戸慈文・キヌ夫妻の一人娘として盛岡に生まれる。熱心な慈善事業家であった両親の人柄が紅子に大きな影響をあたえる。小学校時代すでに絵画に頭角を現し、盛岡高等女学校から女子美術学校日本画科に入学、のち油絵科岡田三郎助門下に転じ、卒業後同郷の画家深沢省三と結婚。

大正14年二科展に「花」「台の上の花」が女性でただ一人入選。一方、和田三造主宰の日本標準色協会創立に参加して二年間標準色選定に従事。この経験は深沢紅子の世界確立に貴重なものとなる。

安井曾太郎、有島生馬らが二科会を脱会して、一水会を創立するのに加わり、昭和16年「スカーフの女」で一水会賞受賞。「立てる少女」は文部省買い上げとなり東京国立近代美術館に収蔵される。

盛岡短期大学教授、自由学園美術科講師を歴任して後進の指導にも尽力。

生涯、野の花を精力的に描き続け、野の花美術館完成を待ちながら、夫君他界から丁度一年後の平成5年3月(1993)静かな最期を迎えた。享年90歳。

著者プロフィールの出典元

現在の並び順:

絵本「やまのたけちゃん」の表紙

やまのたけちゃん

石井 桃子岩波書店

山の村に住む元気なたけちゃんは1年生になりました。仲よしのてるちゃんやよっちゃんといっしょに、たんぼに来るカラスを追いはらったり、たきつけ...

4歳 5歳 6歳 7歳以上

続きを読む

絵本「やまのこどもたち」の表紙

やまのこどもたち

石井 桃子岩波書店

春は梅の花でおままごと、夏には梨の実とり、秋の楽しい運動会、そして深い雪の中で迎えるお正月——東北地方の農村の素朴な暮しと自然を、いたずら...

4歳 5歳 6歳 7歳以上

続きを読む