藤原 一枝ふじわら かずえ

この著者の絵本一覧

1945年愛媛県松山市生まれ。1971年に小児科医となり、1974年から東京都立墨東病院で、小児脳神経外科医として働いている。1989年ホモ・ルーデンスの会を立ち上げ、年1回東京お茶の水のカザルスホールで「いのちと芸術の集い」を開いていた(~2005年)。1991年と1996年に登場した“どろ亀さん”を自称する森林学者の高橋延清・元東大名誉教授から、主治医を命じられる。1999年から、生活の質を問う藤原QOL研究所代表。地域の高次脳機能障害の方の相談支援を行っている。著作は『おしゃべりな診察室』『医者も驚く病気の話』など、絵本作品に『雪のかえりみち』『まほうの夏』、どろ亀さんもモデルの『湯めぐり一番 道後の温泉』などがある。

著者プロフィールの出典元
まほうの夏

まほうの夏

藤原 一枝岩崎書店

夏休みにおかあさんのいなかに行った。虫取り、海水浴、木のぼり…圧巻は海釣り! 大自然のなかで思いっきり遊んだ、ぼくと弟のまほうの夏の想い出...

あかちゃん 2歳 夏

続きを読む

雪のかえりみち

雪のかえりみち

藤原 一枝岩崎書店

雪で学校が早く終わった。みんなはお迎えがきたけれど、ぼくの母親は仕事があるからひとりで帰らなくちゃ。寒さに耐え、親切なおとなに励まされな...

あかちゃん 2歳 冬

続きを読む