フランツ=ヨーゼフ・ファイニク

この著者の絵本一覧

1966年オーストリア生まれ。クラーゲンフルト大学にてドイツ語およびメディアコミュニケーションを学ぶ。幼児の頃の予防接種の副作用で両足マヒとなり、以来、車いすの生活。オーストリア教育・文化省のためのメディア教育活動にたずさわり、「自分で人生を決めよう」運動その他の障害者活動を積極的に主導。現在、オーストリア国会議員。結婚してふたりの娘と暮らしている。

著者プロフィールの出典元

現在の並び順:

わたしたち手で話します

わたしたち手で話します

フランツ=ヨーゼフ・ファイニクあかね書房

ある日、耳の不自由な少女リーザが広場へ行くと、子供達がサッカーをしていました。子供達はリーザに話しかけますが、リーザには、伝わりません。...

6歳 7歳以上

続きを読む

見えなくてもだいじょうぶ?

見えなくてもだいじょうぶ?

フランツ=ヨーゼフ・ファイニクあかね書房

カーラは、バーゲンの日の土曜日、両親とはぐれ迷子になってしまいました。そこにカーラの泣き声を聞きつけたマチアスが盲導犬と一緒に現れます。...

6歳 7歳以上

続きを読む

わたしの足は車いす

わたしの足は車いす

フランツ=ヨーゼフ・ファイニクあかね書房

車いすで生活しているアンナは、初めて一人でお使いに行くが、出会うのは同情と好奇心の眼差しと無視ばかり。障害者理解が一層深まる絵本。2004年...

6歳 7歳以上

続きを読む