エドワード・ゴーリーの絵本一覧(5件)

おすすめ絵本の情報発信中!

1925年シカゴ生まれ。独特の韻を踏んだ文章とモノクローム線画でユニークな作品を数多く発表。邦訳書に『ギャシュリークラムのちびっ子たち』『うろんな客』などがある。2000年没。

著者プロフィールの出典元
敬虔な幼子

敬虔な幼子

エドワード・ゴーリー河出書房新社

信心深い少年ヘンリー・クランプの一生を描いた絵本です。ヘンリー・クランプが三才になったころ、自分が邪(よこしま)であるにも関わらず、神様...

おとな

続きを読む

蟲の神

蟲の神

エドワード・ゴーリー河出書房新社

エドワード・ゴーリーならではの独特なカルトアートな絵本です。4本脚でドクロ顔、触覚を持った不気味な姿がインパクト大の1匹の蟲が表紙に描かれ...

おとな

続きを読む

うろんな客

うろんな客

エドワード・ゴーリー河出書房新社

館に住む家族とどこからやってきて何のためにやってきたかもわからない生き物の奇妙な生活を描いた絵本です。エドワード・ゴーリーのモノクローム...

おとな

続きを読む

不幸な子供

不幸な子供

エドワード・ゴーリー河出書房新社

エドワード・ゴーリーならではの独特なカルトアートな絵本です。モノクロームの不気味で緻密なペン画で描かれた、最後まで不幸な女の子シャーロッ...

おとな

続きを読む

ギャシュリークラムのちびっ子たち または遠出のあとで

ギャシュリークラムのちびっ子たち または遠出のあとで

エドワード・ゴーリー河出書房新社

エドワード・ゴーリーならではの独特なカルトアートな絵本です。ABCの順にA〜Zまでがページをめくるたびに登場するアルファベット絵本です。それぞ...

おとな

続きを読む