長 新太ちょう しんたの絵本一覧(38件)

おすすめ絵本の情報発信中!

1927年東京生まれ。漫画家、絵本作家。
映画の看板を描く仕事をした後、「東京日日新聞」の漫画コンクールで入選したことをきっかけに、1948年、毎日新聞の系列である東京日日新聞社に入社。
1955年より独立し、絵本作家、漫画家として活躍する。
初めての絵本は月刊誌「こどものとも」の「がんばれさるのさらんくん」 (24号 中川正文/文 福音館書店)で、 『おしゃべりなたまごやき』(寺村輝夫/文 「こどものとも」35号 福音館書店 1959年)で文藝春秋漫画賞、『はるですよふくろうおばさん』(講談社 1977年)で講談社出版文化賞、 『キャベツくん』(文研出版 1980年)で絵本にっぽん賞大賞、 『ぞうのたまごのたまごやき』(寺村輝夫/文 福音館書店 1984年)で小学館絵画賞、 『トリとボク』(あかね書房 1985年)『ヘンテコどうぶつ日記』(理論社 1989年)で 1990年に路傍の石幼少年文学賞、『ゴムあたまポンたろう』(童心社 1998年)で 1999年日本絵本大賞等を受賞し、日本の代表的なユーモア・ナンセンス絵本作家と言われるようになった。
2005年5月に77歳で亡くなった。

著者プロフィールの出典元
こぶたがずんずん

こぶたがずんずん

渡辺 一枝あすなろ書房

町をこえて、野原をこえて、子ブタが元気よく、ずんずん、やって来ます。こわいものなしの、ゆかいな子ブタのお話です。

3歳 4歳 5歳 6歳 7歳以上

続きを読む

おばけじま

おばけじま

長 新太あかね書房

大海原のまん中で、やまのおばけとうみのおばけが、ドシンドシンキューッと大げんか。二人は、こんぐらがって、かたまって……。

4歳 5歳 6歳

続きを読む

トリとボク

トリとボク

長 新太あかね書房

川面で水鳥のむれがつくるゾウやクジラの形が、いつしか父や母の形に見えてくる……。孤独な少年の目に映る世界を抒情的に描く。

6歳 7歳以上

続きを読む

マコチンとマコタン

マコチンとマコタン

灰谷 健次郎あかね書房

マコチンの弟のあだ名はマコタン。ふたりといっしょに遊んだりいたずらしている気持ちになってくる、元気で楽しいお話です。

5歳 6歳 7歳以上

続きを読む

マコチン

マコチン

灰谷 健次郎あかね書房

まことくんのあだなはマコチン、またはマコギャング。すねると、爆弾みたいにはれつします。

6歳 7歳以上

続きを読む

つみつみニャー

つみつみニャー

長 新太あかね書房

ぼくのつみ木はふしぎなつみ木。とうさんのあたまにねこをつんだり、おまわりさんのあたまにじどうしゃをつんだり! それから…。

5歳 6歳 7歳以上

続きを読む

いたずらラッコとおなべのほし

いたずらラッコとおなべのほし

神沢 利子あかね書房

静かな夜、天からおなべがおりてきて、ラッコの子をすくいあげた。--北の海を舞台に、のんびりと暮らすラッコのすがたを描きます。

6歳 7歳以上

続きを読む

やぶかのはなし

やぶかのはなし

栗原 毅福音館書店

カといえば刺す、という印象をもちますが、なぜカは刺し、血を吸うのでしょうか? そもそも血を吸うのはオスなのか、それともメスなのか? そし...

4歳 5歳 6歳

続きを読む

せんせい

せんせい

大場 牧夫福音館書店

先生って、どんな人? たっぷり遊んでくれて、泣けば抱っこしてくれて、ケガをすれば手当てしてくれて、「どーん」とぶつかれば、「よーし」って...

4歳 5歳 6歳

続きを読む

あなた

あなた

谷川 俊太郎福音館書店

「あなたとはよばないけどおかあさんもあなたのひとり」このやさしいことばのなかに、じつに深い哲学の道理が含まれています。「わたし」はひとり...

5歳 6歳 7歳以上

続きを読む

ころころ にゃーん

ころころ にゃーん

長 新太福音館書店

玉がころころ転がって、そこから顔が出てくると、猫になってにゃーんと鳴きました。……「ころころ」と「にゃーん」のくりかえし。シンプルでどこか...

あかちゃん 2歳

続きを読む

それ ほんとう?

それ ほんとう?

松岡 享子福音館書店

「あめりかうまれのありのありすさんがあるあるあきのあかるいあめのあさ……」と、「あ」ならあのつく言葉だけを集めたお話が「わ」までぎっしり。...

5歳 6歳 7歳以上

続きを読む