ビヤネール 多美子びやねーる たみこ

この著者の絵本一覧

1935年東京に生まれる。1964年スウェーデンにわたり、ストックホルム大学を卒業。同大学日本語科の講師をつとめる。1970年日本に帰国。著書に『スウェーデンの性教育と授業革命』『東京のティティ』、訳書に『指で見る』『だれが わたしたちを わかってくれるの』『ボッラはすごくごきげんだ!』などがある。

著者プロフィールの出典元

現在の並び順:

なぜ、目をつぶるの?

なぜ、目をつぶるの?

トーマス・ベリイマン偕成社

障害を克服するため、たゆまぬ訓練をつづける子どもたち。リハビリ室で毎日のように起こる奇跡を、克明にカメラで記録しました。

7歳以上

続きを読む

わたしたちのトビアス大きくなる

わたしたちのトビアス大きくなる

ボー・スベドベリ偕成社

ダウン症児トビアスの兄姉と父親が、母親の死後、弟の成長を見守り、たすけながら描いた本。読む人にふかい感動をあたえます。

6歳 7歳以上

続きを読む

だれがわたしたちをわかってくれるの

だれがわたしたちをわかってくれるの

トーマス・ベリイマン偕成社

心身障害児の姉妹のひたむきに生きる姿をカメラに収め、真の福祉とは、真の人間性とは何かを問いかける。生命の尊厳を訴える本。

7歳以上

続きを読む

誕生の詩

誕生の詩

トーマス・ベリイマン偕成社

誕生の瞬間から3時間のあいだ、130人の新生児の表情をカメラにおさめたフォト・ドキュメント。見るものに命の尊さを伝えます。

7歳以上

続きを読む

指で見る

指で見る

トーマス・ベリイマン偕成社

スウェーデンの新鋭写真家ベリイマンが半年間、視覚障害児と寝食をともにして、子どもたちの赤裸々な姿をカメラにおさめました。

7歳以上

続きを読む