天野 祐吉あまの ゆうきちの絵本一覧(4件)

おすすめ絵本の情報発信中!

1933年、東京生まれ。博報堂などを経て独立、1979年に「広告批評」を創刊。同誌の編集長・発行人を経て、現在はコラムニストとして活躍。著書に『広告みたいな話』『天野祐吉のCM天気図』『嘘八百!』『天野祐吉のことばの原っぱ』『広告論講義』ほか多数。

著者プロフィールの出典元
このよで いちばん はやいのは

このよで いちばん はやいのは

ロバート・フローマン福音館書店

「このよでいちばんはやいのは」さて何でしょう?カメよりもウサギよりも、チータが速い。海にはチータよりも速い魚がいる、いやもっと速く飛ぶ鳥...

4歳 5歳 6歳

続きを読む

のぞく

のぞく

天野 祐吉福音館書店

力強い文ではじまり、作家が読者の子どもたちに問いかけます。「ひとはどうしてあなをのぞくのかな。あなのむこうにはなにがあるのかな。こわいも...

5歳 6歳 7歳以上

続きを読む

絵くんとことばくん

絵くんとことばくん

天野 祐吉福音館書店

「ぼくはもうすぐ小学4年生。なのにおこづかいはたったの500円だ。これは少ない! 」と思った優太は、お母さんに対しておこづかいアップをうっ...

7歳以上

続きを読む

ぼくのおじいちゃんのかお

ぼくのおじいちゃんのかお

天野 祐吉福音館書店

シンプルで暖かみのあるテキストとモノクロのおじいちゃんの写真で綴る写真絵本です。おじいちゃんはよく笑います。でも、あんまり大笑いすると泣...

2歳 3歳 4歳

続きを読む