あまん きみこの絵本一覧(20件)

おすすめ絵本の情報発信中!

1931年8月15日、旧満州撫順市に生まれる。新京、大連と移り住み、敗戦で帰国。結婚後、日本女子大学児童学科の通信教育部に入学。與田準一の紹介で「びわの実学校」を知り、作品を発表する。1968年、同誌に掲載した短篇をまとめた『車のいろは空のいろ』を刊行、日本児童文学者協会新人賞を受ける。後に「びわの実学校」同人となる。主な作品に『ひつじぐものむこうに』『きつねみちは天のみち』等。『こがねの舟』で旺文社児童文学賞、『おっこちゃんとタンタンうさぎ』で野間児童文芸賞、『だあれもいない』でひろすけ童話賞、『ちいちゃんのかげおくり』で小学館文学賞を受賞。

著者プロフィールの出典元
いっぱいの おめでとう

いっぱいの おめでとう

あまん きみこあかね書房

みこちゃんは、幼稚園で「こばこ」を作りました。小箱は、お母さんにあげるつもりです。「きょうは、お母さんのたんじょうび」だからです。先生も...

3歳 4歳 5歳

続きを読む

天の町やなぎ通り

天の町やなぎ通り

あまん きみこあかね書房

小さな郵便局に、さしだし人のない「天の町」宛の手紙がくるようになりました。そんな住所はありません。ある日、手紙に差し出し人の住所が書いて...

6歳 7歳以上

続きを読む

けんかのなかよしさん

けんかのなかよしさん

あまん きみこあかね書房

幼稚園のアヤメ組で、いちばんけんかをするのは、ゴンくんとテッちゃん。ゴンくんがつみきやぬいぐるみを並べてゾウの行列を作っていると、テッち...

3歳 4歳 5歳

続きを読む

おひさまえんのさくらのき

おひさまえんのさくらのき

あまん きみこあかね書房

まこちゃんは入園をとても楽しみにしていました。でも式から帰ってきたら、あしたから行きたくない、と言うのです。お祝いに来たおばあちゃんは、...

4歳 5歳 6歳

続きを読む

ままたろう?

ままたろう?

あまん きみこあかね書房

うさぎのこが、くまのこに、ネムノキの下にあった絵本を読んであげたよ。表紙の字を「ままたろう」って読んだよ。いったい何の絵本かな?

2歳 3歳 4歳

続きを読む

ふうたのかぜまつり

ふうたのかぜまつり

あまん きみこあかね書房

子ぎつねのふうたと、黄色くそまったイチョウの木のそばで、「きぼっこ」の話をしていた女の子との出会いをあたたかく描きます。

5歳 6歳 7歳以上

続きを読む

すてきなぼうし

すてきなぼうし

あまん きみこあかね書房

ななちゃんのかぶった赤いぼうしは、春風にひゅーんと飛ばされて、あひるのガーコさんのところに行き、買い物かごになりました!?

2歳 3歳 4歳 春

続きを読む

おはじきの木

おはじきの木

あまん きみこあかね書房

げんさんは、戦争中の空襲で幼い命をとじたかなこが、おはじきをしていたという一本の木を訪ねます…。戦争の悲しみを伝える絵本。

6歳 7歳以上

続きを読む

ふうたのほしまつり

ふうたのほしまつり

あまん きみこあかね書房

子ぎつねのふうたは、夕暮れの林の中で迷子の兄妹をみつけました。どうしたらいいのでしょう? ふうたは、お星様にたずねました。

5歳 6歳 7歳以上

続きを読む

おかあさんの目

おかあさんの目

あまん きみこあかね書房

「うつくしいものに出会ったら、いっしょうけんめい見つめなさい。」ふくよかで優しさにみちた世界を詩情ゆたかに描いた絵本。

6歳 7歳以上

続きを読む

ちいちゃんのかげおくり

ちいちゃんのかげおくり

あまん きみこあかね書房

夏のはじめのある朝、小さな女の子のいのちが、空にきえました。--悲惨な戦争の中に幼い命をとじた女の子の姿を、静かに描く。

6歳 7歳以上 夏

続きを読む

ねこルパンさんとしろいふね

ねこルパンさんとしろいふね

あまん きみこあかね書房

ひとりぐらしのハルおばさんと、心やさしい二ひきののらねこ、くろルパンさんとちゃルパンさんとの友情を、さわやかに描きます。

5歳 6歳 7歳以上

続きを読む