秋野 不矩あきの ふくの絵本一覧(2件)

おすすめ絵本の情報発信中!

1908(明治41)年、静岡県磐田郡二俣町(現:浜松市天竜区二俣町)に生まれ、19歳で石井林響、次いで西山翠嶂に師事しました。
28歳の時に、昭和11年文展鑑査展で選奨を受賞するなど、早くから官展で実績を積み重ね、画家としての地歩を固めました。戦後間もなく、新しい日本画の創造を目指して「創造美術」(現:創画会)の結成に参加すると、官展時代の作風から脱却し、西洋絵画の特質を取り入れるなどして、人物画に新境地を開きました。
1962(昭和37)年、54歳の時、大学の客員教授としてインドに滞在して以来、インドに魅せられ、たびたび当地を訪れては、風景や人々、寺院などをモチーフに作品を描きました。また、アフガニスタン、ネパール、カンボジア、アフリカにも旅行して創作のアイデアを求め、93歳で亡くなるまで絵筆を取り続けました。
1999(平成11)年にはこれまでの業績が認められ、文化勲章を受章しています。

著者プロフィールの出典元
うらしまたろう

うらしまたろう

時田 史郎福音館書店

魚をとって暮らしていた浦島太郎は、ある日、家に戻る途中、村の子どもらにいじめられていた亀を助けて、海に逃がしてやりました。次の日、太郎が...

4歳 5歳 6歳

続きを読む

いっすんぼうし

いっすんぼうし

いしい ももこ福音館書店

親指ほどの一寸法師。彼はどこからやってきたのでしょう?一寸法師は、人より劣っていても努力や勇気によって幸せを見事につかみ取ったというお話...

4歳 5歳 6歳

続きを読む