赤羽 末吉あかば すえきちの絵本一覧(28件)

おすすめ絵本の情報発信中!

1910年東京に生まれる。1932年満州に渡り、47年帰国。図案の仕事、舞台劇の美術等をへて絵本の創作に取り組む。代表作『スーホの白い馬』をはじめ多数の傑作がある。産経児童出版文化賞、小学館絵画賞、ブルックリン美術館絵本賞、ライプツィヒ国際図書展デザイン賞など受賞多数。1980年には国際アンデルセン画家賞を受賞。1990年没。

著者プロフィールの出典元
くにのはじまり

くにのはじまり

赤羽 末吉あかね書房

伊邪那岐(いざなぎ)と伊邪那美(いざなみ)の神は、天の浮橋(あめのうきはし)に立って、目の前にただようものの中に矛(ほこ)をさしこんで、かき...

5歳 6歳 7歳以上

続きを読む

あまのいわと

あまのいわと

赤羽 末吉あかね書房

須佐之男(すさのお)の命(みこと)のあまりの乱暴ぶりを見かねて、日の神天照(あまてらす)が岩戸にかくれてしまったので、世界は暗闇にとざされてし...

5歳 6歳 7歳以上

続きを読む

やまたのおろち

やまたのおろち

赤羽 末吉あかね書房

須佐之男(すさのお)の命(みこと)は、乱暴のあまり出雲の国に追われ、櫛稲田姫(くしなだひめ)がやまたのおろちのいけにえにされようとするところに...

5歳 6歳 7歳以上

続きを読む

いなばのしろうさぎ

いなばのしろうさぎ

赤羽 末吉あかね書房

小島に住むうさぎは、陸地にわたるため、さめをだますことにしました。数をかぞえるからと、さめを陸地まで一列に並ばせて……。

5歳 6歳 7歳以上

続きを読む

すさのおとおおくにぬし

すさのおとおおくにぬし

赤羽 末吉あかね書房

兄弟神におわれて黄泉(よみ)の国へのがれた大国主(おおくにぬし)の命(みこと)は、須佐之男(すさのお)の命(みこと)の娘、須勢理姫(すせりひめ)...

5歳 6歳 7歳以上

続きを読む

うみさちやまさち

うみさちやまさち

赤羽 末吉あかね書房

兄弟神の海幸(うみさち)と山幸(やまさち)は、それぞれ海での釣りと山での狩りを仕事にしていました。ある日、二人は道具を交換するのですが……。

5歳 6歳 7歳以上

続きを読む

まのいいりょうし

まのいいりょうし

瀬田 貞二福音館書店

猟師が息子の七つの祝いのためにと、猟に出ようとしたところ、鉄砲が落ちて曲がってしまいます。曲がった鉄砲を携え出発した先で、最初に見つけた...

5歳 6歳 7歳以上

続きを読む

そばがらじさま と まめじさま

そばがらじさま と まめじさま

小林 輝子福音館書店

そばがらじさまの捨てた犬を、まめじさまが拾い、大切に育てていると、犬がたくさんのかもしかを捕まえてきて、まめじさまは、たくさんのしし汁に...

4歳 5歳 6歳

続きを読む

日本の昔話⑤ ねずみのもちつき

日本の昔話⑤ ねずみのもちつき

小澤 俊夫福音館書店

数々の昔話絵本を描いてきた赤羽末吉さんが、120枚におよぶ、美しいさし絵を、この「日本の昔話」のために残してくれました。「雪おなご」ほか、冬...

4歳 5歳 6歳

続きを読む

日本の昔話④ さるかにかっせん

日本の昔話④ さるかにかっせん

小澤 俊夫福音館書店

選ばれた昔話は、ストーリー・テラーたちによって、実際に子どもたちに語られ、語りやすく、聞きやすい語り口になっています。「風の神と子ども」...

4歳 5歳 6歳

続きを読む

日本の昔話③ ももたろう

日本の昔話③ ももたろう

小澤 俊夫福音館書店

よく知られている昔話はもちろん、日本の昔話の代表的な話型は、ほとんど網羅。日本の昔話の特徴の1つ、「季節感」で、全5巻をわけました。「つ...

4歳 5歳 6歳

続きを読む

日本の昔話② したきりすずめ

日本の昔話② したきりすずめ

小澤 俊夫福音館書店

伝承されてきた昔話を正確に再現し、幼い子どももおとなも、そして、どの地方に住む人も楽しめるように、共通語で再話しました。「田植えぎつね」...

4歳 5歳 6歳

続きを読む