味戸 ケイコあじと けいこ

この著者の絵本一覧

函館に生まれる。多摩美術大学卒業後、イラストレーターとして活躍。『あのこがみえる』でボローニャ国際児童図書展グラフィック賞受賞。『花豆が煮えるまで』で赤い鳥さし絵賞受賞。また第一回サンリオ美術賞を受賞するなど国内外で高い評価を受ける。絵本に『わたしのいもうと』、さし絵に『夢の果て』、装幀に「佐々木丸美全集」などがある。

著者プロフィールの出典元

現在の並び順:

うさぎ座の夜

うさぎ座の夜

安房 直子偕成社

小夜に山のうさぎから人形しばいの招待状がきました。夕方、一人ででかけた小夜が、うさぎたちとすごした秋の夜のファンタジー。

7歳以上 秋

続きを読む

絵本「あの子はだあれ 」の表紙

あの子はだあれ

日野 多香子岩崎書店

ジャングルジムから落ちて車いすになったミキの前に一輪車に乗った女の子が現れる。養護学校で様々な子と出会い、死とも向き合って成長していく少...

5歳 6歳 7歳以上

続きを読む

わたしのいもうと

わたしのいもうと

松谷 みよ子偕成社

何気ないいじめによって傷つき、登校もしなくなった私の妹は心を閉ざしてしまった。差別こそが戦争へつながると訴えかける絵本。

7歳以上

続きを読む

白樺のテーブル

白樺のテーブル

安房 直子偕成社

ぼくのへやにある白樺でできた小さなテーブル。その存在を忘れたころ、ひとりの少女が現れた。不思議な物語を幻想的な絵本に。

7歳以上

続きを読む

あのこがみえる

あのこがみえる

舟崎 克彦偕成社

だれもいない原っぱ、きみには何が見える? ぼくはここであの子に会ったんだ。優しい語りかけの文とモノクロの絵で詩を奏でます。

7歳以上

続きを読む