あべ 弘士アベ ヒロシ

この著者の絵本一覧

1948年、北海道旭川市生まれ。1972年から25年間、旭川市旭山動物園に飼育係として勤務。退職後、絵本作家として独立。1995年、『あらしのよるに』(文・きむらゆういち、講談社)で講談社出版文化賞絵本賞、産経児童出版文化賞JR賞を受賞。『雪の上のなぞのあしあと』『どうぶつえんガイド』(以上、福音館書店)、『どうぶつえん物語』(絵本館)、『くものきれまに』『エゾオオカミ物語』(講談社)、『ライオンのよいいちにち』(佼成出版社)、「かわうそ3きょうだい」シリーズ(小峰書店)など、130冊以上の絵本を手がける。

著者プロフィールの出典元

現在の並び順:

100年たったら

100年たったら

石井 睦美アリス館

ずっと昔、草原にライオンがひとりっきりで住んでいました。ある日、飛べなくなった一羽の鳥が草原におりたち、一緒に過ごすようになりますが……。...

4歳 5歳 6歳

続きを読む

手おけのふくろう

手おけのふくろう

ひらの のぶあき福音館書店

北国の里山でのお話しです。毎年、民家の脇にある古い桜の木のうろで、子育てをするふくろう夫婦がいました。ところが、ある年の冬、大雪が降って...

4歳 5歳 6歳

続きを読む

おおきくなあれ

おおきくなあれ

あべ 弘士絵本館

アザラシの あかちゃん まっしろけ クマの あかちゃん まっくろけ たくさんのあかちゃん いろいろな親子 みんなみんな おおきくなあれ 25年間、旭...

2歳 3歳 4歳

続きを読む

キタキツネのおとうさん

キタキツネのおとうさん

竹田津 実福音館書店

日本の哺乳類でオスが子育てに協力するのは、キツネとタヌキと人間だけです。早春から晩秋にかけ、北海道ではキタキツネのおとうさんが育児に大活...

7歳以上

続きを読む

くじらのあかちゃん おおきくなあれ

くじらのあかちゃん おおきくなあれ

神沢 利子福音館書店

静かな海にザトウクジラのお母さんの歌声が響きます。もうすぐクジラの赤ちゃんが生まれるのです。お月さまが見守るなか、赤ちゃんはお母さんのお...

3歳 4歳 5歳

続きを読む

ふたごのしろくま ねえ、おんぶのまき

ふたごのしろくま ねえ、おんぶのまき

あべ 弘士講談社

氷の島に住む双子のシロクマは、お母さんにおんぶをねだります。でも、双子のシロクマは上手に泳げるようになったのでおんぶをしてもらえません。...

2歳 3歳 4歳 冬

続きを読む

ゴリラとあそんだよ

ゴリラとあそんだよ

やまぎわ じゅいち福音館書店

忘れ物をした僕が学校にもどると、なんと二匹のゴリラの子が校庭に現れたのです! 動物とコミュニケーションできる面白さと楽しさを、ファンタジー...

5歳 6歳 7歳以上

続きを読む

このよで いちばん はやいのは

このよで いちばん はやいのは

ロバート・フローマン福音館書店

「このよでいちばんはやいのは」さて何でしょう?カメよりもウサギよりも、チータが速い。海にはチータよりも速い魚がいる、いやもっと速く飛ぶ鳥...

4歳 5歳 6歳

続きを読む

かちかち山

かちかち山

広松 由希子岩崎書店

おじいさんが畑でまめまきをしていると、わるいたぬきがじゃまをします。そこで、たぬきを捕まえて家にかついで帰りましたが…。動物と人間の生き生...

3歳 4歳 5歳

続きを読む

3びきのくま

3びきのくま

工藤 有為子フェリシモ出版

ロシアの昔話「3びきのくま」をアイヌの女の子を主人公にして描かれたお話です。満月の夜、クマの一家は森へ散歩に出かけていきました。それを見...

4歳 5歳 6歳

続きを読む

からだのなかで ドゥン ドゥン ドゥン

からだのなかで ドゥン ドゥン ドゥン

木坂 涼福音館書店

胸に耳をぴったりつけると、からだのなかから「ドゥンドゥンドゥン」と力強い音が聞こえてきます。これはふしぎないのちの音“鼓動”。だいすきなひ...

3歳 4歳 5歳

続きを読む

森からのてがみ キツツキは森の大工さん・きかんぼうの子グマ

森からのてがみ キツツキは森の大工さん・きかんぼうの子グマ

N・スラトコフ福音館書店

森を舞台に多くの童話を書いてきたスラトコフおじさんのどうぶつ記。「キツツキは森の大工さん」は、自分が掘った穴に住んでいる生き物を知りたく...

4歳 5歳 6歳

続きを読む