この絵本の内容紹介あらすじ

くまたろうと、ぽんたと、やぎえちゃんは、お母さんにしかられて家を出てきました。「おっかーなんか、しーらない!」ふくれた3びきは夜道をいたずらしながら歩いていきます。塀に手形をつけ、紙をむしゃむしゃ食べ…すっかりうかれきぶん。でも、窓から子守唄が聞こえ、ぱちんと明かりが消えたとき、3びきはお母さんのところへ帰りたくなりました。
いばった気持ち、しゅんとした気持ち…たくさんの気持ちをいきいきと描きます。

絵本「つきよの3びき」の一コマ

絵本「つきよの3びき」の一コマ2