この絵本の内容紹介あらすじ

よみきかせ日本昔話4,5歳むけ夏の巻。

子どもがいなくてさびしく思っているおじいさんとおばあさんが、神さまにお願いすると、ある日おばあさんの親指がぷっくりふくれ、小さな男の子が生まれました。ふたりはこの子に「いっすんぼうし」と名づけ大切にそだてます。かしこく、りっぱな若者に成長しますが、大きさは小さいまま。

ある日、いっすんぼうしは「京の都へでたい」といいだし、針の刀を腰に、おわんの船を箸の櫂でかきながら旅立ちます。京で、大臣さまのお姫さまのお相手として召抱えられたいっすんぼうし。ある日、お姫さまのお供で清水寺へいくと、現われたのは3匹の鬼。みんながお姫様を置いて逃げてしまう中、いっすんぼうしは、ゆうかんにお姫さまを守ります。

そして鬼が残していった打ち出の小づちを、お姫さまがふるうと……!?

令丈ヒロ子さんの文、堀川理万子さんの絵で描きだされる、いっすんぼうしは可愛く元気。とくに、いっすんぼうしがぐんぐん大きくなるシーンはわくわくします!

おおよそ5分ほどでよみきかせることができる長さです。

おまけの短いお話「おはなしもうひとつ」は、「したきりすずめ」を掲載。