絵本

ぞうのなみだ ひとのなみだ

出版社からの内容紹介あらすじ

ぞうの親子が森の奥へいくと、かつて森だったところは切り開かれ、田んぼになっていた。稲を食べたおかあさんは、田んぼを守ろうとする人間に銃でうたれ…大切な家族を守ろうとする心は、動物も人間も同じであることを描く。

絵本「ぞうのなみだひとのなみだ」の一コマ

絵本「ぞうのなみだひとのなみだ」の一コマ

出版社「アリス館」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。