絵本

ゆっくりのんびり

心のゆとりがユーモアを生み出す!いつでもゆっくりのんびりなカメさんとはなちゃんのお話。

この絵本の内容紹介あらすじ

はなちゃんは、いつもカメさんと一緒です。
何でもゆっくりのんびりのカメさんですが、それに合わせてはなちゃんもゆっくりのんびり。

起きるのもゆっくりのんびり。食べるのもゆっくりのんびり。
お父さんやお母さんは朝から忙しなく、のんびりゆっくりのはなちゃんには困った様子です。

はなちゃんはトイレでもゆっくりのんびり。なのでお父さんもお母さんも順番待ちで困ってしまいます。

カメさんはゆっくりのんびり歩くので、はなちゃんも負けじとゆっくりのんびり。登校途中、他のみんなに追い越されていきますが、カメさんと一緒なのでゆっくりのんびり歩くのも全然平気なのです。

ゆっくりのんびりのカメさんとはなちゃんの楽しみは、首を引っ込めてそのままずっと動かないこと。カメさんは甲羅に首を引っ込めて、はなちゃんは洋服に首を引っ込めて、日が暮れるまでじっと突っ立ているのが楽しみなのです。

忙しい毎日を送る現代人だからこそ、一度立ち止まってゆっくりのんびり読んでみたい絵本です。
感動する絵本やスカッとする爽快な絵本、驚きがいっぱいの愉快な絵本・・・などなど、様々な絵本がありますが、これはどの絵本とも一味違った独特な読後感を感じる作品です。

いつ何時でもゆっくりのんびりなカメさんとはなちゃんの姿を見ていると、たまには心にゆとりを持って、ゆったりのんびり過ごしてみようかなっと思えてくるのではないでしょうか。この絵本に登場するお父さんやお母さんのように忙しい毎日を過ごす人にこそ読んでいただきたい一冊です。

出版社からの内容紹介

ぜひ、おとなも読んでほしい。
ゆっくりのんびり読んでほしい。
「ゆっくりのんびり」絵本の誕生です。

はなちゃんは いつもかめさんといっしょ。
ゆっくりのんびりやのかめさんといっしょ。
おきるのも、たべるのも かめさんといっしょ。
みんなにぬかれても、なにしても、かめさんといっしょ。
ぜんぜんへいき。
ぜんぜんへいき。

こころのゆとりからユーモアは生まれます。
この読後感の気持よさ、そうめったに味わえません。
そんな はなちゃんとかめさんのすてきな時間をいとうひろしさんが描きました。

出版社「絵本館」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。