絵本

ゆき ふふふ

幻想的な雪景色と子ども達の心踊る情景を描いた絵本。

この絵本の内容紹介あらすじ

寒くて冷たい季節がやってきました。もうすぐ雪が降り始めるころです。

ふわ ふわ ふわり。
空から雪がしんしんと降り始めます。

そして、男の子と女の子のおでこやほっぺたに雪が優しく降ってくるのでした。

二人はどんどん降ってくる雪に心を踊らせます。そして、あたり一面はあっという間に真っ白の雪景色。

雪が降り積もると二人は雪玉を作り始めます。手のひらで雪を丸めて顔を描けば「まっしろちゃん」の出来上がりです。

二人はどんどん雪を丸めては「まっしろちゃん」を作り、今度はそれを積み上げれば「むくむくまっしろちゃん」の出来上がりです。

二人は穏やかな太陽に照らされながら、寒さも忘れて目一杯に雪玉遊びを楽しむのでした。


寒い季節は誰しも苦手意識を感じるものかもしれませんが、雪が降り始めればなんだか厳しい寒さも許せるような気持ちになりますよね。そんなささやかながらも胸が踊るような雪の日の楽しい愉快な一日を描いた絵本です。

雪の冷たさを感じさせながらも心の温かさを描いたような優しい色合いのイラストも見所の一つです。
「ふわ ふわ ふわり」「じゅわじゅわ じゅわん」など情景の伝わるような楽しいオノマトペとともにぜひこの絵本を読まれてみてはいかがでしょう。

出版社からの内容紹介

ふわふわ、ふふふ、しゅわん、じゅわじゅわ・・・・・・。形を変えて、さまざまな表情をみせてくれる雪。

アメリカ・Society of Illustrators2009年書籍部門で銀賞を受賞した『あめ ぽぽぽ』、『ほわほわ さくら』に続く、歌人・東直子さんとイラストレーター・木内達郎さんによる、きせつのおでかけえほんシリーズ、冬の絵本です。

出版社「くもん出版」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。