絵本

ようかいガマとの ゲッコウの怪談

出版社からの内容紹介あらすじ

理科室でベッコウアメの実験中、とつぜん真っ暗に。眼をこらしてあたりを見まわすと、人体模型が近づいてきた! 校舎の中をにげまどう3人の子どもたち。ゆくてには伝説の妖怪たちがせまり、口をそろえる「ガマとのさまを怒らせたな?」と……。よしながこうたくの妖怪絵本シリーズ第2弾。小学校を舞台に、子どもたちがこわい体験をしながらもガマとのと出会い、今、かけがえのない時間を過ごしていることに気づく物語です。

絵本「ようかいガマとの ゲッコウの怪談」の一コマ

絵本「ようかいガマとの ゲッコウの怪談」の一コマ

出版社「あかね書房」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。