絵本

わるいわるい王さまとふしぎの木

出版社からの内容紹介あらすじ

一粒のタネがもたらした、小さな奇跡の物語です。
砂漠の真ん中に住む王さまは、わがままで、いつもプンプン怒ってばかり。
いつでもだれにでも、二言めには「首をはねてやる!」。
こんなにわるい王さまなんて、聞いたことがありません。
でも、あるとき……。
美しくも不思議な現代の寓話、子どもはもちろん、王さまのように権力をもつ大人にも(わるい大人でなくとも!)すすめたい、絵本作家あべはじめの「第二のデビュー作」ともいうべき作品です。

出版社「あすなろ書房」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。