絵本

月夜とめがね

出版社からの内容紹介あらすじ

「日本のアンデルセン」と呼ばれた小川未明の、美しい夜のお話です。
月のきれいな春の夜のこと、おばあさんが一人、針仕事をしています。
すると、見知らぬ男がやってきて……。
扉をめくるとあらわれる、静かな夜の風景。
この、「何かが起こりそうな気配」に、冒頭から惹きこまれます。
未明の世界は、古くは茂田井武からさまざまな画家が描いていますが、またひとつ、やさしくあたたかな新しい未明ワールドが完成しました。
子どもも大人も魅了する作品です。

出版社「あすなろ書房」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。