絵本

つぶときつねのはしりっこ

出版社からの内容紹介あらすじ

しっぽが自慢の赤狐は、たんぼのなかをはいずっているつぶ(タニシ)をからかった。つぶは負けじと、狐をはやしたてた。
ふたりは、走りっこで勝負をすることに。つぶなんかに負けるわけがないと、自信満々の狐に、つぶは奇策でいどむことに。
高い石段の上のお宮の松の木の根方に、どちらが先にたどりつくか? 真剣勝負が繰り広げられる。

出版社「アスラン書房」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。