絵本

とうさんとうさんいかがなものか?

出版社からの内容紹介あらすじ

八百屋と花屋と石屋の父さんたちはみんな仲良し。ある日、八百屋のなっぱと石屋の石が花屋の娘を「およめにほしいがいかがなものか?」と言いだした。八百屋と石屋の父さんは、なっぱも石も息子と同じと花屋へ乗りこむ。ところが、花屋の父さんは、娘は町のヒロイン、なっぱや石ではつり合わないと怒りだす……。絵本作家の穂高順也がおくる、ゆかいな父さんたちのお話を、人気画家の西村敏雄が味のあるタッチで個性豊かに描く!

出版社「あかね書房」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。