絵本

たぬきのおつきみ

たぬきのお月見は気合いが違う!たぬき達はお月様を喜ばせるためにせっせと準備を始めます!その準備とは・・・。

この絵本の内容紹介あらすじ

たぬき山のたぬき達は、遠くに金色に広がる田んぼを見て「ええのう」「ええのう」「たまらんのう」と嬉しそう。今年も豊年満作、素晴らしい実りの秋がやってきました。

すると、手ぬぐいでほっかむりをした泥棒姿の三匹のたぬきが、こっそり山から降りてきて、こっそりお米のおすそ分けをいただいていきます。かかしにあっかんべーをしているたぬきもいるのが面白いですね。お次はおいもも「ちょっぴりちょっぴり」と言いながらたくさんいただいていくたぬき達。「へちんぷいぷいふんまいだぶー」なんてヘンなお経を唱えながら、お地蔵さまのお供えのだんごまで拝借してしまいます。にっこりしていたお地蔵さんの顔も困り顔に。

そう、たぬき達も今夜はお月見を楽しみにしているのでした。それも、いい着物を着たり、歌舞伎役者のような化粧までする熱の入れよう。「おつきさんによろこんでもらわんと」とせっせと準備するたぬき達。そこへのぼってきたお月さんが見た光景は…。

お月さまも大笑い間違いなしのたぬき達の姿に、読んでいる子ども達も大喜びするでしょう。お供え物はほとんど拝借してきてしまったものですが、たぬき達のお月さまへの感謝の気持ちはなんだか強く伝わってきます。自然の恵みに感謝して、みんなで喜びを分かち合う。なかなか現代社会では忘れがちな感覚ですが、とてもいい習慣だなと改めて感じさせてくれます。

出版社からの内容紹介

秋になって稲穂が実り、野菜もたくさんとれました。さあ今日はお月見の夜。お月様を喜ばせるためにたぬきたちが考えたのは…?

出版社「岩崎書店」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。