絵本

三びきのやぎのがらがらどん

ヤギとトロルの対決の行方は!?ノルウェーの昔話を描いたスリルたっぷりの絵本。

この絵本の内容紹介あらすじ

昔々、「がらがらどん」というみんな同じ名前の三匹のヤギがおりました。ヤギ達は、太るために山の草を食べに行くことにするのですが、山を登る道中の橋の下では気味の悪い大きなトロルが待ち受けているのです。

まず最初に、一番小さなヤギが橋を渡っていきます。すると、気味の悪い大きなトロルは、そのヤギを一飲みにしようとするのです。しかし、小さなヤギは「次に来るヤギのほうが自分よりもとっても大きい」と言って見逃してもらうのでした。

しばらくすると、二番目に大きなヤギが橋を渡り始めました。次こそはと、トロルがそのヤギを一飲みにしようとするのですが・・・・、二番目に大きなヤギは「次に来るヤギのほうが自分よりもずっと大きい」と言って見逃してもらうのです。

そして最後に、一番大きなヤギが勇ましい様子で橋を渡り始めました。大きく揺らしながらヤギが橋を渡るのでトロルは怒った様子です。トロルは一番大きなヤギを一飲みにしようと襲いかかり、ヤギはトロルを返り討ちにしようと飛びかかります。果たして、ヤギとトロルの対決の行方は!?

勢いのある線描写で描かれたヤギもトロルも迫力満点、揺れる木の橋を渡るという場面も相まって、ハラハラドキドキの展開です。もっと大きなヤギを食べようとするトロルの姿から「欲をかいてはいけない」という教訓を感じることでしょう。

出版社からの内容紹介

橋の向こう側の山で、たくさん草を食べようと考えた3匹のヤギ。小さなヤギ、中ぐらいのヤギ、大きなヤギ、みんな名前は「がらがらどん」。橋をわたっている途中に谷に住むトロル(おに)にでくわしてしまいます。小さなヤギの機転によって、小さなヤギと中くらいのヤギはトロルから逃げて橋をわたることができました。とうとう、一番大きくて強いヤギがトロルに勝負を挑みます。3匹のヤギは無事に橋をわたることができるのでしょうか?

出版社「福音館書店」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。