絵本

さくら

桜といえば春のお花見ですが、葉桜やサクランボ・・・、夏、秋、冬と桜の木にも一年一年の営みがあるのです!その桜の木の生命いのちの営みと輝きを一年を通して丁寧に描いた絵本。

この絵本の内容紹介あらすじ

日本の春を象徴する桜の花の春だけではない姿をじっくり楽しむ一冊。

日本の花といえば一番に思い浮かぶのは桜ではないでしょうか。
春が近づくとその開花をみんなが待ちわびる桜をテーマにした絵本があります。

満開の桜が鮮やかに描かれた表紙なので春の絵本のように見えますが、実は桜の一年が丁寧に描かれています。

桜が散った後、桜の木を見上げてみたことがありますか?
初夏の葉桜からさくらんぼができる季節、夏の間はどうなっているかな?
そして春に向けて硬い芽をじっと眠らせている冬、と桜の木のいろいろな姿を感じることができるはず。

繊細なタッチで描かれた美しいイラストを眺める絵本としても、桜について学ぶ科学的な本としてもおすすめの絵本です。

いつもなら素通りしてしまっていた木々を立ち止まって眺めてみよう、そんな気持ちにさせてくれる一冊です。

出版社からの内容紹介

お花見といえば桜ですが、その後は……葉桜になったかと思うと、葉陰に小さなサクランボ、夏には虫でおおにぎわい……1本の桜の木の1年のドラマです。長年の観察にもとづく精緻な絵とリズム感のある文が、桜の生命の営みと輝きを感動的に伝えます。ところで、桜の花はどうしてあんなに美しいのか、ご存じですか? それはね……。

出版社「福音館書店」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。