絵本

りきしの春

出版社からの内容紹介あらすじ

さまざまな流派の人気落語家10人の噺を、古典新作おりまぜ1冊ずつ絵本にする企画で、落語と絵本、ふたつの文化のコラボレーションを、たっぷりと楽しんでもらえるシリーズです。力士になりたいたかのつめくんは、毎日相撲のことばかり。小学校の生活の中でみんなをまきこみ成長する姿を描いたゆかいな噺。笑点でもおなじみ・春風亭昇太の新作落語の代表作が、本秀康のイラストでかわいくおかしな絵本に!

出版社「あかね書房」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。