絵本

ピーのおはなし

お母さんのために子犬のピーはイチゴ狩りにお出かけです!

この絵本の内容紹介あらすじ

子犬のピーは、お父さんとお母さんと三匹で暮らしています。お母さんは、赤ちゃんを身ごもっているのでお腹が大きく膨らんでいます。

そして、今日のお母さんは朝から苦しそうな様子です。ピーはお母さんのことが心配で、いてもたってもいられません。
そこで、お母さんの大好きなイチゴを狩りに出掛けるのでした。

ピーが川岸までやってくると、さっそく対岸にイチゴらしきものを見つけます。そして、小川を跳び移って対岸に行くことにするのでした。

ところが、ピーはうっかり足を滑らせて川に流されてしまいます。不幸中の幸い、偶然にも川を流れる木の枝に必死で掴まり、なんとか溺れずに済んだのですが、ピーは流されていく一方なのです。

そこへ魚たちがやってきて、頑張って泳ぐようにとピーを鼓舞します。そうして、なんとか川岸まで泳ぎきったピーですが、次はどっちへ行ったらいいのか困った様子です。ピーは勘を頼りに歩き始めるのでした。

ピーが歩いていると、偶然にもたくさんのイチゴを見つけ、嬉しさのあまり時間も忘れて無我夢中で採り始めます。

ところが、あまりにも夢中になっていたので、すっかり遅い時間になってしまいました。ピーが慌てて帰り支度をしていると、次は小鳥たちがやってきて、ピーに近道を教えると言うのです。

そこで、ピーは小鳥たちについていくことにしたのですが、着いた先はまさかの川岸です。またもや対岸に跳び移らなければならなくなったピーですが、次はどうなってしまうのでしょうか。


お母さんを思いやる優しいピーの冒険を描いた、心がほんのり温まるお話です。
ピーは対岸に跳び移って、無事にお父さんとお母さんのもとへ帰りつくことができるのでしょうか。そして、苦しみに耐えるお母さんは無事にお腹の赤ちゃんを出産できるのでしょうか。

出版社からの内容紹介

子犬のピーは、もうすぐ赤ちゃんが生まれそうなおかあさんのためにイチゴをとりに出かけます。 途中で小川に落ちて流されてしまいますが、魚たちに励まされて、やっと岸に着きます。野原でたくさんのイチゴを見つけ、夢中になってつみますが、今度は、帰り道がわかりません。小鳥たちに助けてもらい、小川をとびこえて、無事、家に帰り着くと、ピーを待っていたのは…。大満足の絵本。

出版社「福音館書店」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。