絵本

ペンギンホテル

愉快なペンギン達がお客さんに最高のおもてなし!

この絵本の内容紹介あらすじ

広い海のどこか遠くのペンギンホテルに今日もお客さんがやってきます。

最初にやってきたのは、世界中を旅して回るライオンです。ペンギン達は羽をパタパタさせてペコリとおじぎすると、ライオンを客室に案内します。

ライオンのトランクケースを三羽がかりでペタペタよちよちペンギン達は力を合わせて運びます。

客室に到着すると部屋の案内を始めます。ペンギンホテルのお部屋はすべてオーシャンビューで真夜中になるとオーロラも見ることができるといいます。

ペンギン達は、ライオンを案内し終えると、お腹を滑らせながらフロントへと颯爽と戻っていきます。

フロントには他にもたくさんのお客さんがやってくるのでペンギン達は大忙し。そこに、大きな大きなクジラもお客としてやってきます。

このクジラは常連さんのようでペンギン達は小慣れた様子でいつもの部屋へと案内します。クジラの部屋はホテルの地下にある7号室の大きなお部屋。クジラは久しぶりのベッドに嬉しそうです。

ペンギンホテルの仕事はお客を泊めることだけではありません。お待ちかねのディナーショーが始まると、海鮮たっぷりのディナーを配膳し、ステージではショーを催し、大忙しのペンギン達です。

夜も更けたころ、ようやくピークが過ぎるとペンギン達は交代しながら休みに入ります。そんなとき、最後に鈴の音を鳴らしながらやってきたのは・・・・。

愉快なペンギン達のとびっきりのおもてなしに笑みが溢れてくることでしょう。一度はペンギンホテルに泊まってみたいと思えてくるお話です。

出版社からの内容紹介

動物たちが泊まりに来る、海の上のペンギンホテル。オーロラを見たいライオン、家族でたのしむシロクマ、人と待ち合わせをしているキツネ…最後は、プレゼントを配り終えたサンタさんが、深夜にやってきます。

出版社「アリス館」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。