絵本

おつきみおばけ

迷子になったうさぎの子どもを慰めようとおばけちゃんは月見団子に化けますが・・・。

この絵本の内容紹介あらすじ

ある日のこと、森にいた小さなおばけちゃんは誰かの泣き声を耳にします。その声のもとに近づくと、うさぎの子どもが迷子になって泣いていたのです。

おばけちゃんは、うさぎちゃんに声をかけ、一緒に遊んであげると慰めます。今夜は十五夜、満月の綺麗なお月様にお供えをすることにしました。

おばけちゃんは、お三宝さんぼう(月見団子などを供える木の台)やススキを飾りますが、うさぎちゃんは団子がないと言って泣き止みません。

そこで、おばけちゃんは、ホッカホカでとっても美味しそうな月見団子に化けるのでした。すると、うさぎちゃんはすっかり泣き止み大喜び。

ところが月見団子があまりにも美味しそうなので、うさぎちゃんはついつい団子をかじってしまいます。この月見団子に化けていたのはおばけちゃん。うさぎちゃんにかじられたのが痛くて泣き出してしまいます。

うさぎちゃんはお母さんとはぐれて迷子になり、おばけちゃんはうさぎちゃんにかじられてしまい、十五夜のお月見は散々です。このあと、無事にふたりはお月見を満喫することができるのでしょうか。

出版社からの内容紹介

お月見の夜、おばけの子は泣いているうさぎの子をなぐさめてあげようと、おばけの子はお月見団子に化けてあげました。すると・・・。

出版社「ポプラ社」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。