絵本

ぬけすずめ

出版社からの内容紹介あらすじ

さまざまな流派の人気落語家10人の噺を、古典新作おりまぜ1冊ずつ絵本にする企画です。有名な古典落語ゆえ多くの噺家がさまざまな趣向で演じる本作を、ほがらかな高座が魅力の白酒師匠の口演で絵本に。多彩な描き方を持つnakabanさんのカラフルな仕上げが光る一作です。取りまとめに企画プロデューサーの馬場憲一氏、編集実務は野分編集室の筒井大介氏が担当。ふたつの文化を融合させる試みに、ぜひ、ご注目ください!

出版社「あかね書房」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。